南雲満友のプロフィールを紹介!プロレス女子っぷりが凄い!

Pocket

南雲満友さんのプロフィールを紹介します。プロレス女子っぷりが凄らしいです。9月27日(火)20時57分からの『マツコの知らない世界SP』に出演されます。21年間プロレスを見続けてきたという女子大生・南雲満友さんがプロレス女子、略してプ女子といい、その熱いプロレス愛を語ります。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

プ女子の南雲満友さんが『マツコの知らない世界SP』に出演されるということで、プロフィールを調べちゃいました。

南雲満友さんのプロフィール紹介

南雲満友
出典:マツコの知らない世界

名前:南雲 満友(なぐも まゆ)
生年月日:不明(執筆当時21歳)
出身地:東京都板橋区
血液型:O型
身長:153cm
出身校:慶應義塾大学
リングネーム:アメージング・プリンセス・マユコング

南雲さんは、お父さんがプロレスリングのマットを作る仕事をされている影響で、物心つく前からずっとプロレスに親しんできたのだそうです。

南雲さんが、一番印象がある試合が『大仁田厚の有刺鉄線爆破マッチ』が忘れられない試合の一つと言えるほどのプロレス好きで、プロレスの古き良き時代をわかっているようです。

番組内では、南雲さんが『萌えるプロレス』について語ってくれるようです。

新日本プロレスの注目イケメンレスラーたちが登場し、胸キュンなポイントを解説します。

そして、街でも着れるおしゃれに進化したプロレスTシャツの紹介や、『マツコ・デラックスグランプリ特別エキシビションタッグマッチ』開催するとか!?
マツコがレスラー相手に大暴走を繰り広げるようで、一見の価値があります。

スポンサーリンク

プ女子(プロレス女子)って?なにするの?

南雲さんは、プロレスの黄金時代というとアントニオ猪木、長州力、藤波辰巳などそうそうたるメンバーが思い浮かびると思います。

今は亡きジャイアント馬場さんやアントニオ猪木さんと顔の面積が広い印象の方が多かったと思います。

相手を威圧するのに、顔が大きいと役に立つんですね。

それだけ当時はガチンコだったということなんでしょうね。

それでは、最近のレスラーですが、最近のレスラーは顔がそんなに大きくないですよね。

最近では、むしろ、ボディと比較すると小顔に見えなくない。

そう、イケメンレスラーが最近急増しているのです。

イケメン好きで、かなりの女性であればこぞってプロレス女子へと変貌を遂げるのに時間はかからなかったようです。

南雲さんは、プロレスが好きな女子は数多くいる中、自分も実際にリングに上ってしまうという。

彼女は、ある意味究極のプ女子と言えると思います。

自宅にプロレスリングがあり、特訓を積んで実際にデビューします。

デビューは2015年11月22日にリングネーム『アメージング・プリンセス・マユコング』だそうです。

まさにプ女子ですね。

まとめ・感想

  • 南雲さんのようにプロレスが好きな女性は、プ女子と呼ばれる人種になる。
  • 最近のプロレスは、黄金時代と比べるとエンターテイメント性に比重が置かれているんでしょうか?プロレス女子は年々増加しているらしく、現在では観客の3割が女性とか…。
  • 南雲さんの自宅にはプロレスリングがあり、実際に自分もリングに上がるほどのプ女子です。そんな南雲さんは、高校の3年間イギリスに留学し、英語は堪能で大学は慶應義塾大学でSFCに進学した方です。PCは常に持っていないと困るようですね。授業はTwitterでも行われるということで想像もできないです。かっこいいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。