キラーカーン(キラーカン)の現在!居酒屋を廃業!?また開業!

キラーカーン(キラーカン)の現在について、人気居酒屋を最近、廃業したそうです。しかし、9月にまた開業しているそうです。かつて現役時代は、日本で数少ない国際的に成功したヒール役のレスラーです。今では、居酒屋経営のかたわらでバラエティ番組などに出演しています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

キラーカーン、現在は、キラーカンと名乗って居酒屋カンちゃんをやられているというキラーカーンですが、10月13日の『爆報!THEフライデー』に登場するということで話題になっています。

キラーカーンが活躍していた時期は、自分がまだ幼かったころなので、名前は聞いたことがありましたが、実際にはどういうレスラーだったのか知らないんですよね。

キラーカーン(キラーカン)のプロフィール紹介

キラーカーン出典:http://rocketnews24.com/2015/08/28/625544/

本名:小澤 正志(おざわ まさし)
リングネーム:キラー・カーン、キラー・カン、テムジン・モンゴル、
       テムヒン・エル・モンゴル、小沢正志
ニックネーム:蒙古の怪人、闘うモンゴリアン、The Mongolian Madman
生年月日: 1947年3月6日(70歳)
身長:195cm
体重:140kg(全盛期)
出身地:新潟県燕市
出典:Wikipedia

関連記事:佐藤誠社長の海の家居酒屋がすごい!磯丸水産は常に改善!

経歴

キラーカーンこと小澤さんは、中学を卒業後、バスケットボールで活躍するために高校は、新潟市立白山高校体育科に入学します。

しかし、挫折し一年生で高校を中退し、相撲界へ行き、春日野部屋に入門します。

1963年3月場所で小沢将志の名で初土俵ををふみます。

1967年7月場所より越錦という四股名を与えられます。

しかし、三段目上位から幕下下位と伸びず、1970年3月場所で廃業をします。

1971年1月に日本プロレスに入門し、11月20日に小沢正志のリングネームでデビューします。

その後、1973年4月に新日本プロレスへ移籍。

恵まれた体で、海外に通用するという期待から、1976年8月にヨーロッパ遠征。

12月には、アントニオ猪木のパキスタン遠征にも同行。

スポンサーリンク

1978年から本格的な海外武者修行としてメキシコへ行き、名をテムヒン・エル・モンゴルとして、蒙古人レスラーとなります。

1979年3月からアメリカに進出し、ここでキラーカーンと改名します。

このころにモンゴリアンスタイルを確立していきます。

これはカール・ゴッチのアイディアだそうで、見事に当たります。

しばらくは海外で試合をし、トップヒールへの道を歩んでいきます。

そして、決定的にしたのは、1981年のアンドレ・ザ・ジャイアントの右足をニードロップで骨折させたことで、ヒール人気が急上昇し、世界的なメインイベンターへ昇格することになります。

日本に凱旋帰国したときは、スキンヘッドに弁髪に髭という風貌で日本のファンを驚かせるどころか驚愕させるというほど、姿を変えて帰ってきました。

そして、開幕戦は猪木とタッグを組み、ハルク・ホーガンとドン・ムラコと対戦し、反則負けをしましたが、藤波辰巳や長州力と違ったレスラーとして人気レスラーとなりました。

その後、数々の名勝負を繰り広げ、人気がある中で引退、2度とリングに立っていない。

引退後は、キラーカンと名乗り、東京都新宿区に『スナック カンちゃん』を開店します。

ちゃんこ料理の『ちゃんこ居酒屋カンちゃん』を経営し、足立区にも出店するも2012年に閉店。

2015年9月に歌舞伎町に『歌謡居酒屋 カンちゃん』を開店。

2005年には、CDデビューします。

2013年に故郷の燕市から燕市PR大使に任命。

2016年8月『歌謡居酒屋 カンちゃん』を閉店。

2016年9月に新宿区に『居酒屋 カンちゃん』を開店しました。

まとめ・感想

  • キラーカーンは、最初、自分は外国人だと思っていましたが、実は日本人だったのが今回調べていて驚いたことでした。『へえ~日本人だったんだ』って、知らない方なら多分殆どの人がこんな反応をすると思います。
  • 爆報!THEフライデーでは、1人ということで、もしかしたら独身なのかもしれないですね。結婚はどうもされていないのか、離婚をされたのかは不明です。
  • プロレスラーの方が現役を引退されて次にやる仕事として飲食店というのは多いそうです。でも、多くの方は潰れてしまうそうです。キラーカンのお店は、長く続いているということでどうしているのか取材した記事がありました。そこでは、キラーカンは、利益を多く取ろうとしないで、お客さんに納得してもらえる料理と価格を設定することだと語っていました。たしかにそうかもしれないと思います。しかし、仕事の仕方も人それぞれですからね。やり方もそれぞれだと思いますが、参考にされてはどうでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。