竹内久典の魂の流儀!予約殺到!常識破りな伝説のパン職人!

竹内久典さんの魂の流儀は予約が殺到するほどの常識破りなパンを作ること。伝説のパン職人のどこにもないパン誕生の裏側に『プロフェッショナル 仕事の流儀』が迫ります。竹内さんは、パンに対する熱意は、オーブンがいらないほどアツイようですよ。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

竹内久典さんが10月24日(月)『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演されるということで注目されています。

竹内久典さんのプロフィール紹介

竹内久典出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/217333/2/

名前:竹内 久典(たけうち ひさのり)
生年月日:1972年 (執筆当時43~44歳)
出身地:大阪府

竹内さんは、もともとはケーキからスタートします。

中学生の時にテレビでケーキ屋さんの一日の仕事を見て、ケーキ屋になりたいと思うようになります。

そこであちこちのケーキを食べに行くようになって、生クリームに出会います。

生クリームの美味しさに感動して、親の反対を押し切る形で、夜間高校に通いながらケーキ屋で働きます。

ですが、パン屋で働いているうちに向かいに大変繁盛しているパン屋に興味が向いてしまいます。

そして、とうとう向かいのパン屋で働き始めます。

ケーキ屋で働いたお金で製パン学校へ通い、パン作りを学ぶことにしました。

パン屋で働く前にケーキ屋の先輩に

『ケーキでしんどいような奴にパンが務まるわけがない』

でも、竹内さんはしんどいわけではなかったのです。

スポンサーリンク

その後、竹内さんはいろいろなお店の現場で学んでいきました。

当時で一番忙しい店と聞いてフォションへ入り、次にピッツェリアではチーズや珍しい野菜の使い方を、そして、神戸の有名ケーキ店ダニエルではカスタードクリームを学んだそうです。

こうして完成したのが、ブリオッシュだそうで、口の中でブリオッシュ生地がとろけるそうです。

食べてみたいですね。

そして、2004年に独立して『ブランジュリタケウチ』を始めます。

このお店は、1日に1000人が来店する超がつくほどの人気店で、お店の前に警備員を配置するほどだったそうです。

今では、このお店は閉店して、別の場所でパンを作っています。

『生瀬ヒュッテ』という店名で、兵庫県西宮市でパンを作っているそうです。

パンの販売は完全予約制のようです。

なぜ、予約販売にしているかというと住宅街にあるため、駐車場も12台分ということ、遠方から来られたお客さんにがっかりされたくない、などの事情からだそうです。

ホームページはこちら

予約者限定のパンの販売もしているそうで、1度食べるとまた足を運びたくなるというパンだそうです。

食べてみたいですが、他のパンが食べられなくなるという事態になったら大変ですね。

まとめ・感想

  • 竹内さんは、新しく始めた『生瀬ヒュッテ』というお店では、パンを予約のみで販売するということで商売が成立するのにまず驚きますね。それだけ、竹内さんのパンにはそこだけでしか焼けない、そこでしか食べられないというパンを作っているということですね。まさに伝説のパン職人ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。