堂前幸康が挑んだ大勝負!プロフィール・経歴を紹介!

Pocket

堂前幸康さんが挑んだロボットへの大勝負!堂前幸康さんのプロフィール・経歴を紹介します。10月31日(月)『プロフェッショナル 仕事の流儀』に堂前幸康さんが登場します。番組では、『ものづくりに革命を起こした「サラリーマンの星」が、この夏挑んだ大勝負に密着。物流の巨人・アマゾンがしかける、商品の「棚への積み下ろし」を自動で行なうロボットの国際大会。強豪との1千億円の市場をかけた挑戦の行方は?』ということです。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

  にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

堂前幸康さんが『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場するということで、注目されています。

どういう方なのか調べてみました。

堂前幸康さんのプロフィール紹介

堂前幸康

名前:堂前 幸康

年齢:35歳(執筆当時)

勤務先:三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

出身大学:北海道大学工学部システム工学科

堂前さんは『ロボットで、バラ積み物体を掴んで取り出す』を開発しています。

堂前さんは、ロボットで人と同じことをしようとした場合、足りないところを考えてみました。

人が目で見る部分,物体の認識は3次元ビジョンセンサーで行うことができます。

そして,人が掴み方を考えるのは,ロボットがどうやって掴むかという認識アルゴリズムです。

そして,人が考えたように掴むのは,センサーによる認識とロボット動作のキャリブレーションで行います。

これら全体をロボットビジョン技術と位置づけて,バラ積み物体を掴んで取り出すという課題を解決します

ロボットで,バラ積み物体を掴んで取り出す

スポンサーリンク

3次元ビジョンセンサーで見て,認識アルゴリズムで掴み方を考えます。

ロボットで,バラ積み物体を掴んで取り出す

認識と動作のキャリブレーションで考えたように掴みます。

このように人間の作業をロボットが行えるようにしていったわけですね。

経歴

2004年 北海道大学工学部システム工学科卒業

2006年 北海道大学大学院情報科学研究科システム情報科学専攻修了

2008年 北海道大学大学院情報科学研究科システム情報科学専攻博士後期課程単位取得退学

2008年 三菱電機株式会社入社、先端技術総合研究所勤務

2012年 北海道大学情報科学博士

ロボット大賞日本機械工業会会長賞(2012)

JRMBestPaperAward(2012)

SSII優秀論文賞(2006)

受賞.電子情報通信学会、精密工学会、日本ロボット学会のIEEEの会員

動画

まとめ・感想

  • 堂前さんの開発されているロボットは、人材不足であるこの日本にとってはとても重要になると自分は思います。しかし、ロボットが開発され、実際に生産現場にロボットが設置されればその仕事はロボットが行いますので、人間は必要なくなります。人間の仕事は減っていくのです。そうなりますと、ロボットには出来ない仕事ができるように人間がならなければならないのです。こうして考えると人間は毎日、自分をレベルアップできるように過ごす必要があるわけですね。ロボットに仕事が取られないように人間も頑張らないといけないですね。毎日、がんばっていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

  にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。