瀧澤信秋は日本唯一のホテル評論家?!プロフィールを紹介!

Pocket

瀧澤信秋さんは日本唯一のホテル評論家だそうです。瀧澤さんのプロフィールを紹介します。11月1日(火)『マツコの知らない世界』に登場します。番組では『 年間200泊する日本唯一のホテル評論家・瀧澤信秋が再び登場。4大チェーンビジネスホテル&魅力満載のご当地ホテルを案内する。…』として紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

瀧澤信秋さんが『マツコの知らない世界』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

瀧澤信秋さんのプロフィール紹介

瀧澤 信秋出典:All About

名前:瀧澤 信秋(たきざわ のぶあき)
生年月日:1971年生まれ
出身地:東京都 新宿区

瀧澤さんは、長野県上田市で育ちました。

ホテル評論家としてホテル評論や批評を中心に、ホテルの予約や利用術・活用術、ホテル会員プログラム制度等、宿泊者利用者の立場からホテル全般に関する調査・研究や提言を、また、ホテルや旅館のおもてなし(ホスピタリティ)やサービスへの評価やクレーム、ホテルに関する社会的な問題などについて、ホテル経営者やスタッフ、関係者などへの綿密な取材の上、マスコミへの情報提供を頻繁に行っています。

評論対象は、宿泊施設が提供するサービスというところから、ラグジュアリーホテル、デラックスホテル、ビジネスホテルからカプセルホテル、レジャーホテル(ラブホテル)、簡易宿所(ゲストハウス、簡易宿泊所)など多業態に渡っています。

スポンサーリンク

瀧澤さんは、ホテルに関してはよく調査されていることや情報発信としての信用などの面から、メディアから言葉を引用されています。

「進化系ビジネスホテル」、「付加価値型ビジネスホテル」、「進化型カプセルホテル」、「ホテル難民」などのワード発信者でもあります。

2014年度には、365日365ホテルの旅と題したミッションを遂行、365日で372のホテルにチェックインするという前代未聞の偉業を達成しました。

ホテル評論家以外の業務としては、コンサルタントとして、様々な企業や個人へのコンサルティングの経験から、ホテルコンサルタントとしても売れる客室の提案、ホテルプロジェクトの監修などもしています。

受賞歴

執筆記事「デラックスホテル「ザ・プリンス」の「抹茶のテリーヌ」は外国人にも人気」が、ドイツから来た知人に渡す日本のお土産にふさわしいものとしてドイツ連邦共和国大使館・領事館賞を受賞しました。

まとめ・感想

  • 瀧澤さんは、365日365ホテルというミッションを自腹で行っていたそうです。毎日違うホテルに宿泊していたら、いったいいくら必要なのでしょうか?結構な金額がかかりそうですよね。それを自腹で行うことができる経済力を持っているということで瀧澤さんは、ホテルガイドとして有力な人材ということなんでしょうね。
  • 瀧澤さんのスタイルは、消費者目線でホテルを評価するということで、ある特定の企業と契約をすることがないそうです。契約することで消費者目線と違うことになってはいけないという考えをお持ちということです。これだけでも信用できますよね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。