泰葉が芸能界復帰!うつ病後の現在は?徹子の部屋で何が?

泰葉さんが芸能界に復帰しましたね。うつ病後の現在はどうしたのでしょうか?2015年の徹子の部屋ではどうしたのでしょうか?11月4日(金)爆報!THE フライデーに登場します。番組内では『19年間連れ添った落語家・春風亭小朝と離婚し「金髪豚野郎」などの暴言で物議を醸した泰葉が芸能界復帰…』として紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

泰葉さんが『爆報!THE フライデー』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

泰葉さんのプロフィール紹介

泰葉出典:http://interview.utamap.com/review_2009/yasuha/yasuha_interview1.html

名前:泰葉
本名:海老名 泰葉(えびな やすは)
生年月日:1961年1月17日(56歳)
出身地:東京都台東区
最終学歴:桐朋学園大学音楽学部中退
所属事務所: 小澤音楽事務所→レッドバス・エンタープライズ→アイアン・キャンドル→ねぎし事務所→FISEMAN→ねぎし事務所

泰葉さんのことはもうご存じの方もいるとは思いますが、父は落語家の初代林家三平で、母は海老名香葉子です。

伯父は釣竿職人の中根喜三郎(母・香葉子の兄)、祖父は7代目林家正蔵、実姉に海老名美どり、実弟に9代目林家正蔵と2代目林家三平、義兄に峰竜太、義妹に国分佐智子、甥に下嶋兄という家族構成になります。

経歴

泰葉さんは、幼少のころからクラシックを学んでおり、東京都立芸術高等学校を卒業します。

音大進学に失敗してしまい、それを機にクラシックからジャズやポピュラー歌手に転向します。

デビューは、1981年で『フライディ・チャイナタウン』でシンガーソングライターとしてしました。

また、アーティストへの楽曲提供も行っており、松本伊代さんへ『夏のRELIFE』、少女隊へ『YES、IT’S MY HEART』、五十嵐祐子さんへ『目黒の実家に帰ります』などを提供しました。

タレントとしては『午後は○○おもいッきりテレビ』の初代アシスタント司会を務めるなどしていました。

スポンサーリンク

その後、春風亭小朝と婚約し、1988年4月に小朝の援助を受けて桐朋学園大学音楽学部に入学し、同年6月に結婚しましたが、寝坊癖が直らず音大の出席が困難となり、わずか3ヶ月ほどで中退するということになります。

泰葉さん自身は芸能界を引退し、夫の小朝の事務所「春々堂」の社長として小朝のマネージメントを務め始めました。

引退して表舞台から姿を消しましたが、2004年の林家正蔵襲名記念披露パーティーの企画に携わるなど落語界で裏方的な活動をこなしておりました。

2007年11月には、帝国ホテルの宴会場で小朝と離婚という形で記者会見を開き、久々に公の前に姿を見せることになります。

この会見で結婚などめでたい時に使う金屏風を会見場に立てて、しきたりに反すると同時に芸能界でも前例のないパフォーマンスと演出で、一躍ワイドショーに格好の話題を提供することとなりました。

当初は「社長業と主婦業の両立が出来ない」という理由で「円満離婚」を強調していましたが、離婚の経緯について説明があり、仕事を続ける中で主婦業に集中できず、中途半端が嫌なため、夫婦という関係を解消しようと申し出たことを明らかにしています。

TBSの取材で、落語家である小朝を尊敬するあまり、夫の小朝との関係が家族愛ではなく師弟愛であったと涙ながらに語っており、落語家の妻には二度とならないと語るなど、落語家の妻として振舞うことに相当の苦労があったようです。

慰謝料は1億5千万円で、泰葉は「安い」と不平を漏らしてるとのことです。

うつ病について

泰葉さんは、2007年に春風亭小朝と離婚後、双極性障害によるうつ病を発症していたことを告白しています。

泰葉さんは「思えばあの金屏風(離婚)会見から10年経ちました。あのときの心労が重なりまして10年間病になった。双極性障害によるうつ病でした」と明かしました。

徹子の部屋 動画

まとめ・感想

  • 泰葉さんは、春風亭小朝さんと離婚会見した後に、双極性障害によるうつ病を発症したということで、あの頃の泰葉さんのちょっと芸能人としては異常な行動だったことが理解できるのかと思います。うつ病だったからと『金髪糞豚野郎』という発言はちょっとどうかと自分は思いますけどね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。