道脇裕の緩まないネジ!?プロフェッショナルに登場!

道脇裕さんの緩まないネジが革新的です!11月14日(月)プロフェッショナル 仕事の流儀に登場します。番組内では、『名だたる企業からの依頼が引きも切らない、ベンチャー企業社長・道脇裕(39)。生み出すのは、コペルニクス的発想で問題を鮮やかに解決する発明品。どんな衝撃でも緩まず、宇宙開発での使用も期待されるネジ。…』という内容です。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

道脇裕さんが『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

道脇裕さんのプロフィール紹介

道脇裕出典:日本経済新聞

名前:道脇 裕(みちわき ひろし)
生年月日:1977年生まれ(執筆時点 39歳)
出身地:群馬県
職業:NejiLaw 代表取締役社長

道脇さんは、なんと!小学校を中退しているということで学歴がありません。

学歴がないですが、日本のエジソンとまで発明をしている方です。

10歳のとき、小学5年生で小学校を中退したそうです。

両親は共働きで母親は学者、祖父は教授で父親は大手企業の役員という、いわばサラブレットの血筋と言ってもいいでしょう。

ですが、子供時代では母親とはスレ違いの生活で、朝起きる頃には研究室に母親入っていて、寝てから帰ってくるという生活が続いたそうです。

小学校を上る前から母親の研究室に遊びに行っていろいろな実験をしていたそうです。

幼児教育などもまったく受けずに過ごしていました。

研究室ではよく遊んでいて、家にはいろいろな図鑑などがあり、それらを眺めて研究室で実験をされていたそうです。

中には、塩酸や硫酸を使った実験もしていたということで、失敗していたら大変なことになるところでした。

スポンサーリンク

感電したり、スパークして噴煙が発生したりと大怪我に繋がりそうなことは日常茶飯事でした。

道脇さんの両親は、本人のやりたいことに対して止めることをしなかったようです。

天才的なタイプは、好奇心の強い人が多いということですね。

経歴

小学5年生で学校を中退した道脇さんは、なぜ中退したかというと学校教育に疑問を持ったからだそうです。

子供心に思ったことが『このまま学校にいたら自分という存在を活かすことは出来ない』と判断し、小学校を中退という判断をします。

中退してからは、中学校や高校にもいかず、その後、漁師やとび職などを経験します。

その後はアメリカへ留学します。

留学は5日だけして、それからは発明と研究に没頭します。

これまで発明と研究に没頭したので、特許案が2万件を超えているそうです。

開発した緩まないネジを社会に送り出すためにネジを社会に送り出すためにNejjiLawを設立しました。

開発したネジで、2010年に米航空宇宙規格(NAS)に準拠したネジの耐久試験をしたところ、合格ラインの17分をはるかに超える3時間たっても全くネジは緩まなかった。

それどころか、試験装置が先に壊れてしまった。

このような伝説ができて初めは見向きもされなかったネジが、世界中から注目されることになります。

動画

まとめ・感想

  • 道脇さんが、開発したネジは主に架橋、飛行機、自動車など人の命に関わるようなところに使用してもらいたいためにNejiLawを設立したという目的がありました。道脇さんが開発したネジというのは、ネジの溝を螺旋状になっていた従来とは違い直線で断続的な特殊な溝を作ることとしたました。2000年のネジの緩みに対して簡単に課題を解決してしまったのが、学歴のない天才だったとは当時は驚かれていました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。