門川安秀の魚屋魂が凄い!プロフェッショナルに登場!

門川安秀さんの魚屋としての魂が凄いです。11月21日(月)プロフェッショナル 仕事の流儀に登場します。番組では、『宮崎にありながら、東京の星付きレストランから注文が殺到する魚屋さん・門川安秀さん。“ねこさん”という通称で愛される。築地にも負けないその腕の秘密に迫る。』と紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

門川安秀さんが『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

門川安秀さんのプロフィール紹介

門川安秀出典:http://fish-nekoya.jimdo.com/

名前:門川 安秀(やどかわ やすひで)
職業:鮮魚店 ねこや商店 店主
出身地:宮崎県日南市

動画はコチラ

門川さんは、通称『ねこさん』と呼ばれており、由来は、商店名の『ねこや商店』からというのが想像に難しくないのではないでしょうか。

しかし、その商店名の由来については、ご本人の口からでないとわからないですね。

おそらく、魚を取り扱う、海から魚を取るということから『ねこ』という言葉を入れたかったのではないでしょうかね。

門川さんは、実際に海にも魚を取りに行く網元もされて、若い漁師の育成も行っているようです。

「新鮮な魚を新鮮に」は、当たり前!というのを信条にしており、取れた魚を素早くさばくのですが、すぐに料理に使えるように処理を施し、3枚におろしてすぐに発送します。

スポンサーリンク

ミシュランガイドに3つ星を取るほどのレストランのシェフから注文が来るというのです。

門川さんは、レストランのシェフの好みを熟知しており、その好みの通りに魚をおろして発送するのですから、門川さんも一流の腕を持っていることは間違いないですね。

東京には築地市場がありライバルは多数いますが、わざわざ宮崎の門川さんへ指名して注文するので実力がお分かりいただけるのではないでしょうか。

それほど和食だけでなくイタリアン、フレンチのシェフから指名されるという門川さんの信頼の源となっているのが、料理人の要望に必ず応えるというプライドがあるからのようです。

どんな不良の時期でも魚を集めて、地元でダメなら九州中の市場に周り必ず手に入れるというのです。

そして、確実な目利きで良いものだけを選び、研究し尽くした技術で魚をさばき、ベストな状態でお届けするのだそうです。

これは信頼されますよね。

予約を頂いたお客様に材料が揃わなかったからという理由で駄目になったら、そのお客様は2度とその料理店を利用しないでしょうね。

その不安を払拭することができるほどの信頼は、ちょっとやそこらでは他に注文は出しませんよね。

まとめ・感想

  • 門川さんが、宮崎にいながら東京の一流のシェフから注文を受けるのは、確かな材料を確実に提供してくれるという信頼関係を構築しているからではないかと思います。そうでなければ、近くにある築地市場でいい魚を手に入れたらいいのですから。そうしないということはその行動には必ず理由があるというわけですね。ニーズに対して確実に応えることこれが顧客との信頼関係となりファンとなってくれると考えます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。