藤原健一のコインランドリー刑事って?マツコの知らない世界!

藤原健一さんのコインランドリー刑事っていったい?11月22日(火)の『マツコの知らない世界』に登場します。番組では、『根暗な人生をコインランドリーに救われた男・藤原健一が、サービスが充実した最新コインランドリー事情を語る。 スニーカーがラクに洗える!クリーニング店より安く…』と紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

藤原健一さんが『マツコの知らない世界』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

藤原健一さんのプロフィール紹介

藤原健一

名前:藤原 健一(ふじわら けんいち)
職業:藤原秀子商会
趣味:都内のコインランドリー巡り

藤原さんは、藤原秀子商会という玩具メーカーの代表なのだそうです。

仕事の内容としてはミニチュア畳や和室ジオラマを作ってるそうです。

一つ一つのパーツが非常に精巧に作られており、まるでそこに人が住んでいるような温もりを感じられます。

技術は、千葉県の松戸市博物館や八王子UR住宅技術研究所から取材を受けるほどみたいです。

気になる方は購入して見てはいかがですか。

なぜコインランドリー刑事?

コインランドリー刑事を始めるきっかけは、2002年頃古本屋で見つけた住宅地図です。

当時、精神疾患を患っていた母親の介護に疲れ、現実逃避する為に地図の中で旅行を楽しんでいたそうです。

そして、地図を旅行しているときに『コインランドリー』と名前が書かれたお店を発見し、店名も何もない事を不思議に思って、実際に行ったところ、やはり店名がなかったそうです。

午前中は仕事と母親の介護、午後は気分転換のコインランドリー巡りをしていました。

調査する際に、最初は『50ccホンダトゥディ』で回っていましたが、白バイに目をつけられ違反の切符を3回切られたそうで、その後に電車とバスに変更したそうです。

周りすぎて、この時には1日に10万歩の歩行で膝に水が溜まることがあったそうで、それでも止めることなく続けた結果、離島を除く東京都内約2,300件のコインランドリーを制覇し、「コインランドリーの住所、店名、営業時間」などの情報をまとめたサイトを公開することが出来ました。

こうして13年もの間探し続け、都内の2000件以上も調べてまわった驚異の人なんですね。

コインランドリー刑事というのは、東京都内のコインランドリーを知り尽くしたということで名乗っているということなのですね。

まとめ・感想

  • 藤原さんは、お母様の介護で疲れ、気分転換でコインランドリーめぐりをし始め、東京都内の2000件以上を制覇し、ネットで公開するという偉業を達成したコインランドリー刑事だったのです。本業は、ミニチュアやジオラマを作っている会社の代表という方です。それにしても、2000件以上って凄いですよね。膝に水が溜まっても周り続けるという行動はどこから来たのか気になるところです。番組内で、なぜまわることになったのか追求があるのではないかと思われます。楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。