仁村薫(兄)の今は?中日ドラゴンズ優勝に貢献!フライデー登場

仁村薫さんは、仁村兄弟の兄の方で今は何をされているのか?かつては、兄弟で中日ドラゴンズ優勝に貢献しました。11月25日(金)『爆報!THE フライデー』に登場します。番組では、『中日ドラゴンズの優勝に貢献したイケメン兄弟「仁村兄弟」の兄は今…江戸時代から400年続く???に転身!しかし、赤字続きで廃業寸前だった! 』と紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

仁村薫さんが『爆報!THE フライデー』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

仁村薫さんのプロフィール紹介

仁村薫出典:https://bbcrix.com/articles/originals/30295

名前:仁村 薫(にむら かおる)
生年月日:1959年5月9日(57歳)
出身地:埼玉県川越市
身長:175cm
体重:75kg
出身校:埼玉県川越商業高等学校

経歴

仁村さんは、川越商業高校でエース投手でしたが、甲子園出場経験はありません。

高校卒業後は早稲田大学へ進みました。

3年時からエース投手としてリーグ通算36試合に登板しました。

4年時に第10回日米大学野球選手権大会の代表に選ばれ1勝をあげた他、打力を買った島岡吉郎代表監督が代打に起用し、ホームランを打ちました。

1981年、ドラフト6位で読売ジャイアンツ(巨人)の投手として入団しました。

3年目で外野手に転向します。

1987年のオフに自由契約となり、弟の徹さんが在籍する中日ドラゴンズへ移籍しました。

翌1988年は弟と共に二軍スタートだったが、一軍に昇格するや否や代打や守備固め、左投手が先発のときのスタメンなどで活躍し、弟と共に同年のリーグ優勝に貢献しました。

中日に移籍した際に、チームの巨人コンプレックスを振り払うため、巨人選手の欠点を吹き込み、側面から優勝に貢献します。

1990年限りで現役を引退し、引退試合ではナインから胴上げされました。

引退後

仁村さんは、引退後は家業(農業)を継ぎながら、1991年から1994年まで、名古屋テレビ・東海ラジオで野球解説者を務めていました。

1995年、巨人の二軍外野守備・走塁コーチに就任しました。

スポンサーリンク

1997年オフに巨人を退団後、中日の二軍野手総合コーチに就任しました。

同時に二軍監督となっていた弟を補佐しました。

1999年は一軍外野守備・走塁コーチとして、その年のリーグ優勝に貢献しました。

その後、2000年には二軍打撃兼外野守備・走塁コーチ、2001年から2002年はフィジカルコーチを歴任しました。

2002年のオフに一旦退団したが、2003年オフ、落合博満監督就任に伴い復帰します。

情熱と闘志の人で、落合監督とは現役時代に中日で一緒にプレーして、お互いを熟知する仲でした。

このときの肩書きはトレーニングコーチで、“トーキングコーチ”のニックネームがついたほど選手とコミュニケーションを取るのが得意でした。

また、ベンチでは相手チームを野次る事に徹し野次将軍としても活躍しました。

2007年10月31日付で退団し、その後、社会人野球・所沢グリーンベースボールクラブコーチ、2010年はテレビ愛知で野球解説者を歴任しました。

2010年11月1日、弟・徹が二軍監督を務める東北楽天ゴールデンイーグルスの二軍総合コーチ就任が発表されましたが、2011年1月1日付で徹が一軍作戦コーチに異動となったのに伴い、自身も同日付で二軍監督に異動となりました。

2012年、新設された野手総合兼巡回コーチに転身したが、同年のシーズン終了を以って退団されました。

現在は、『江戸時代から400年続く???に転身!しかし、赤字続きで廃業寸前だった! 』と紹介されていますが、情報がなく不明です。

当日の番組を楽しみにしてみてみましょう。

まとめ・感想

  • 仁村さんは、現役時代は巨人と中日でプレーをして、引退後も巨人と中日でコーチを歴任していました。しかし監督をされることは2010年のみで、あまり監督をされていません。これには理由があるようで本人が監督に向いていないという意識を持っていたようです。トーキング・コーチというニックネームからも分かるように選手たちと仲が良いということで、監督向きではなかったのでしょうね。監督は時には選手から嫌われるようなことも勝つためにはしなければいけませんからね。仁村さんはこれができなかったのでしょう。性格が優しい方だったのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。