城慶典の手作り醤油がワインみたい!クロスロードに登場!

城慶典さんの手作り醤油がワインみたいのようだと評判です。11月26日(土)の『クロスロード』に登場します。番組では、『わずか7名で手がける九州の小さな蔵の醤油が注目を集めている。醸造元「ミツル醤油」4代目・城慶典。醤油づくりに飽くなき挑戦を続ける若き職人を追った。』と紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

城慶典さんが『クロスロード』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

城慶典さんのプロフィール紹介

城慶典出典:http://www.s-shoyu.com/jo/

名前:城 慶典(じょう よしのり)
生年月日:1984年生まれ(執筆当時32歳)
出身地:福岡県糸島市
出身校:東京農業大学 応用生物科学部 醸造科
職業:ミツル醤油四代目社長、醤油醸造所の職人

城さんは、高校生の時に、自社での醤油醸造の復活を志しました。

東京農業大学 醸造科学科に入学し、入学後は、「学校に通っているだけでは自分の求めるものは得られない。」ということに気づき、伝統的製法による醤油造りを続けられている醤油蔵を探し、卒業までに7つの醤油蔵で短期間の研修をして学びます。

卒業後は、広島県の岡本醤油醸造場にて当初二年間を予定していましたが、一年間の研修をしました。

なぜ、当初二年だったのが一年になったかというと、いやで逃げ出したくなったというわけではなく、職場で一年という感じになったからだそうです。

その後、JFCS(ジャパン・フードコーディネーター・スクール)で一年間学び、ビジネスセミナーも受け、お金の借り方や事業計画や返済計画を練習して学ぶことでいけそうだとイメージできたので、2009年3月に戻り、6月より、実家であるミツル醤油へ入社しました。

2009年11月に夢である醤油造りの復活と、地元・糸島を全国に発信したいという思いをリンクさせ具現化する、社内別ブランド「itosima terroir」(イトシマ テロワール)をスタートさせました。

ミツル醤油醸造元7人

スポンサーリンク

2010年に、最初の仕込みは、ぶっつけ本番で広島の醤油でお世話になった主人が助っ人で来てくれたおかげでできたそうです。

逆に助っ人がいなかったら不可能だったというのですから、驚きです。

こちらの醤油は、国産原料で手作りで作っています。

価格もそれなりになります。

安くしたいという気持ちは、城さん自身はお持ちなのですが、それでは、ダメだということで、ここまで来たら、価格も覚悟を持って決めているそうです。

人それぞれ価値観が違うのだから、安い醤油だけでなく、高い醤油もあるということを意思表示したいということもあるそうです。

商品紹介


こちらの商品は城さんがお世話になった岡本醤油醸造場の醤油になります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【職人醤油】岡本醤油醸造場手造り醤油

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ミツル醤油醸造元の醤油を購入したい方はこちら

まとめ・感想

  • 城さんは、父親が36歳のときに生まれたそうで、大学を卒業後にすぐに醤油を作りたかったそうです。しかし、修行もしていないので、すぐというのはやはり難しいということで醤油会社に紹介で面接を受けましたが、もっといいところがあるということで広島の岡本醤油醸造場で修行を1年します。そして、1年ビジネスなどのことを学び、2年後に実家へ入ります。色々と経験してきたつもりでもまだまだ経験が浅かったため、最後は人のつながりで情報を集めて、モノを準備して醤油づくりも手探りでスタートさせたそうです。一見行き当たりばったりのようですが、覚悟が違います。一つのゴールに達して、次のゴールを目指してスタートを切る。これが城さんのやり方なのですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。