江藤史朗は元公安捜査官で今は小説家!?ジョブチューン登場

Pocket

江藤史朗さんは元公安捜査官で今は小説家をさせれているようです。11月26日(土)ジョブチューンに登場します。番組では、『ドラマでは描かれないリアルな警察の裏側を、本物の元警察官たちがぶっちゃけまくる!「IQ246」で刑事役の土屋太鳳も衝撃のぶっちゃけ大連発に思わず仰天!』と紹介され他の元警察官の方たちと出演されます。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

江藤史朗さんが『ジョブチューン』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

江藤史朗さんのプロフィール紹介

江藤史朗出典:http://newstisiki.com/archives/440

名前:江藤 史朗(えとう しろう)
生年月日:1957年生まれ(執筆当時58~59歳)
出身地:福岡県
出身校:中央大学 法学部 法律学科
職業:小説家、テレビコメンテーター、危機管理コンサルティング会社代表

江藤さんは、大学を卒業後、警視庁に入庁します。

警備部警備第一課

公安部公安総務課

警察庁 警備局警備企画課

内閣官房内閣情報調査室

再び、公安部公安総務課

生活安全部少年事件課

上記のように勤務してきました。

警視総監賞、警察庁警備局長賞など多数受賞します。

2004年に警視庁警視で辞職しました。

2007年『警視庁情報官』で作家デビューします。

その時の名前が、『濱 嘉之(はま よしゆき)』です。

他に同名シリーズ『公安特命捜査 警視庁情報官II』があります。

危機管理コンサルティング会社の代表なども務めながら、TV、紙誌などでコメンテーターとしても活躍しています。

公安捜査官って?

表向きでは警察を退官して、民間企業や政治団体、犯罪組織などの職員として再就職します。

再就職先は日本国にとって対立及び脅威となる組織、もしくは繋がりのある組織で、その再就職先で知りえた情報を警察に報告している。

家族や友人、同僚などには当然、秘密です。

潜入先の組織を定年などで退職したときは、公安警察内で慰労会を行うそうで、そこで多くの

公安関係者が「こんな方が潜入捜査をしてらっしゃったのか」と思うらしいですよ。

本人が年老いて死亡した際には公安警察が葬儀を取り仕切り、さらに警察庁上層部の高級幹部までがゾロゾロと参列する程なので、警察を辞めた人に対して、警察が葬儀を取り仕切り、お偉いさんまで葬儀に来ることを訝しむ遺族に対して、公安警察から「実は、ご主人は国家を守る為に極秘で潜入任務に就いておりました」と真実が告げられるそうです。

家族はそこで亡くなった方が、公安警察のスパイとして活動してたことを知って驚くという流れのようです。

江藤さんがこうしたことをされていたかというのは、わかりませんが、情報はあったでしょうね。

ラジオ番組

書籍紹介

スポンサーリンク

警視庁情報官 ゴーストマネー [ 濱 嘉之 ]

警視庁公安部・青山望 聖域侵犯 [ 濱 嘉之 ]

警視庁公安部・青山望 機密漏洩【電子書籍】[ 濱 嘉之 ]

ヒトイチ内部告発 [ 濱嘉之 ]

まとめ・感想

  • 江藤さんは、今では作家として活動されているそうで、書かれている小説も警察の内部についてのネタを元に書かれています。内部のことなので地味なようですが、緊張感や臨場感のあるということで評価は上々のようです。一度読んでみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。