東海林弘靖の作る照明デザイナーとしての光!プロフェッショナルに

東海林弘靖さん(照明デザイナー)の感性が作る光ります。12月5日(月)の『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場します。番組では『“美しい闇”を作り上げる照明デザイナー!明かりが子どもたちを包む病院、「おかえり」と語りかける駅ビルの光。独創的な陰影が人生を照らし出す、プロの仕事!』と紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

東海林弘靖さんが『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場します。

調べてみました。

東海林弘靖さんのプロフィール紹介

東海林弘靖出典:http://www2.panasonic.biz/es/solution/theme/ledtech/tokyu/interview/index_02.html

名前:東海林 弘靖(しょうじ ひろやす)
生年月日:1958年生まれ(執筆当時58歳)
出身地:福島県
出身校:工学院大学・大学院建築学専攻
家族:4人

経歴

学生時代まで

東海林さんは、幼少期は福島県の田舎に住んでいたようです。

小学校から中学に父の転勤に伴って5回の転校を経験しいるそうです。

中学時代に父親が新築を立てたことで、建築に興味を持ち始めます。

間取り図なんかもワクワクしながら描いていたようです。

そして、大学に進学したのも建築学科とずっと建築に想いを寄せていたのですね。

しかし、大学で勉強していくうちに気がついてしまったのです。

建築家として大成するためには、両親が建築関係でなければ、難しいということが・・・

なぜかというと、仕事のチャンスです。

仕事がなければ実績や経験を積めません。

このことに気がついた東海林さんは、このままでは建築家としてよくなれないと考え、どうしたらよいかと模索します。

そして見つけたのが、

『人とは違う付加価値のある建築家になればいいんだ』

という考えに至り、その頃に出会った建築照明に興味を持ちます。

学んできた建築家としての知識に照明という付加価値をつけることで、新しい自分だけの作品を作れるのではないかと考えて照明デザイナーの道を歩み始めたのです。

照明デザイナーとして歩み始めてから

東海林さんは、もともとは大学では建築学を学んでいたので、建築家志望だったのですが、自分の付加価値として、照明デザイナーへの道を歩み始めていたのですが、きっかけで、雑誌に掲載されていた建築照明をデザインしたTLヤマギワ研究所に入社しようといろいろと画策します。

建築志望で建築照明の知識を持ってなかったのですが、アピールしようと数メートルもある巻物に筆字で入社の熱意を綴って送ったり、何度も訪れて面接をしてもらった結果、1984年に入社を果たしました。

スポンサーリンク

TLヤマギワ研究所で7年間、建築照明について学び、上司の面出薫さんとともに独立するため、1990年に退社します。

独立をすることで、今までいろいろな制約の中で仕事をしてきたと考え、その制約に縛られないデザインが真の照明デザイナーの姿だと考えに至ります。

2000年に自身の会社、有限会社ライトデザインを設立し、年間20プロジェクトほど、常時50プロジェクトが動くという反響の大きい様子が伺えます。

東日本大震災がきっかけで・・・

東海林さんは、国際照明デザイナー協会・デザイン賞、北米照明学会デザイン賞など多くの受賞歴をお持ちで、照明業界では有名になりました。

しかし、2011年の東日本大震災で照明デザインのあり方について考えたようです。

「私たちは無駄な電気をたくさん使って仕事をしていたのではないか、この仕事は必要ないのかもしれないとまで思いました。
さらに、それまでは暗いところを明るくするのが照明だと多くの人は思っていましたが、震災後は暗さにも目を向けるようになってきました。暗さというのはネガティブなものではなく、とても心地の良いものなんですよね。

このように暗さにも目を向けるようになります。

もう1つ考える切っ掛けとなった出来事があります。

NHKの番組で『旅の力』という企画でパプアニューギニアの電気のない島を訪問したことで照明について考えることになります。

『この島において照明とは何ですか?と訪ねてみると『光は命のシンボルだ』と答えられたんんです。
今日も一日を無事に過ごすことができた証として光を灯す。
光が灯らない家があれば慌てて駆けつけるのだと。
それは私が考えもしなかった答えで、涙を堪えることができないほどでした。』

東日本大震災とパプアニューギニアの訪問により、自分の仕事について照明デザイナーとは何なのか考えるようになりました。

東海林さんにとって光とは生命の証なのだそうです。

まとめ・感想

  • 東海林さんの照明は、光が柔らかく作られているようです。日本の多くの照明は、直線的で強く明るいようですが、東海林さんの照明は、柔らかくあまり直線的ではなく、明るさが強すぎないと言った特徴があるようです。でも、しっかりと明るさは確保しているところが、数々の賞の数が証明していると感じました。建築で照明の知識ゼロでもここまで登れるということを実践して証明してくれました。すごいですよね。

Webセキュリティサービス「SiteLock」

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。