冨田明宏クリスマスソングに詳しい!経歴は?彼女は?

Pocket

冨田明宏さんはフリーで音楽ライターをやられており、クリスマスソングに詳しいそうです。冨田さんの経歴や彼女、結婚や子どもについて調べてみました。12月13日(火)『マツコの知らない世界』に登場するようです。番組紹介では、『 クリスマスソングマニア・冨田明宏が、各時代の背景が反映された名曲をマツコと振り返る。…』と紹介されています。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

冨田明宏さんが『マツコの知らない世界』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

冨田明宏さんのプロフィール紹介

冨田明宏

名前:冨田 明宏(とみた あきひろ)
生年月日:1980年9月5日(37歳)
血液型:A型
出身地:千葉県
所属:一二三(音楽プロダクション)
仕事:音楽ライター、音楽評論家、ラジオ・パーソナリティー、音楽プロデューサー
出身中学:松戸市立第二中学校

冨田さんは、音楽評論メールマガジン『パトス・ハメ』責任編集人で現在は休載中だそうです。

その他の執筆誌に、『ミュージック・マガジン』、『ユリイカ』、『クッキーシーン』、『bounce』、『CDジャーナル』、『BARKS』、『オトナアニメ』、『CONTINUE』、『アニソンマガジン』、『リスアニ!』など多数あります。

これら以外にも『別冊カドカワDIRECT』などさまざまな媒体で連載を持っています。

冨田さんは、専門分野が広くさまざまな媒体に執筆していますが、一貫してロックについての原稿が多いそうです。

近年はアニソン評論で知られていますが、洋楽のアーティストのライナーノーツも多く執筆しています。

テクノ、エレクトロニカ、音響系、パンク/ハードコア、同人音楽、アニソンなどの評論が多いのが特徴でしょう。

また、日本初のアニソン専門雑誌『アニソンマガジン』や『リスアニ!』企画立案者としても有名です。

スポンサーリンク

トークイベントなども主宰するほか、『アニメディア』『別冊カドカワDIRECT』でもアニソンの連載があります。

現在、Revoを初めとするSound Horizonメンバーへの公式インタビューなどをオフィシャルライターとして担当しています。

平野綾、May’n、茅原実里、梶浦由記、宮野真守、Kalafina、志方あきこらの公式ライターとして原稿を執筆しています。

佐藤譲、佐藤大と3人で行うトーク&DJイベント『ピカチュ!』では、これまでに木村コウ、MURO、m-floの☆Taku Takahashi、デジタリズム、ラスマス・フェイバーをゲストに招き話題を集めました。

パーソナリティーを務めた『渋谷アニメランド』では、ゲストにMay’n、茅原実里、畑亜貴、戸松遥、豊崎愛生、高垣彩陽、花澤香菜、田村ゆかり、麻枝准、後藤邑子、平野綾、梶浦由記、小倉唯、石原夏織、竹達彩奈らを招きトークをしていたそうです。

現在はアーティスト・プロデュース、イベントのプロデュース、司会、ラジオ・パーソナリティー、コンピレーション・アルバムの監修、大学での講義など、執筆以外での活動も活発に行っています。

今、乗りに乗っているフリーライターです。

経歴

冨田さんは、高校へ行かずにロンドン留学を経て、都内レコード店のバイヤー(洋楽ロック担当)に就任することになります。

数年の勤務を経て、フリーランスの音楽ライターとなる事ができました。

バイヤー時代から音楽ライターとして活動していて、その後、NHKラジオ第一でパーソナリティーとしても活躍することになりました。

現在は黒崎真音、ClariS、内田真礼ほかを手掛ける音楽プロデューサーとしても活動しています。

まとめ・感想

  • 冨田さんは、高校に行かずにロンドンへ音楽の勉強にいくところが普通の人とは違う考えをお持ちのようですね。そして、卒業された後にアパレル業界の店長になりますが、音楽を勉強していたので、音楽業界に入りました。のちにアニメソングに目をつけて、アニメソングを中心にした企画を立ち上げ、アニメソングを日夜、研究して今回のマツコの知らない世界では、クリスマスソングを中心にしてお届けされるようです。とても楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。