村松亮太郎のプロジェクションマッピングは芸術!経歴は?

Pocket

村松亮太郎さんのプロジェクションマッピングが芸術的です!プロフィールや経歴をあなたに代わって調べてみました。12月17日(土) 『クロスロード』に出演されます。番組紹介では、『2012年、東京駅丸の内駅舎をスクリーンに3D映像を投影したプロジェクションマッピングで注目を集めたアーティスト・村松亮太郎に密着。』となっています。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

村松亮太郎さんが『クロスロード』に登場ということで注目されているようです。

そこで、調べてみました。

村松亮太郎さんのプロフィール紹介

村松亮太郎出典:http://www.ryotaro-muramatsu.com/

名前:村松 亮太郎(むらまつ りょうたろう)
生年月日:1971年5月5日(46歳)
出身地:大阪府堺市
血液型:A型
出身高校:清教学園高等学校
出身大学:関西外国語大学(中退)
職業:株式会社NAKED(ネイキッド)代表取締役

村松さんは、3Dプロジェクションマッピングの第一人者として、活躍されている方なのですが、村松さんが3Dプロジェクションマッピングをやったのが最初というわけではありません。

村松さんがやられる前から3Dプロジェクションマッピングというのはありました。

では、なぜ、村松さんが3Dプロジェクションマッピングというもので第一人者と言われるようになったのかというと、もともと3Dプロジェクションマッピングというのを始めた人たちというのは、メディアアートやプログラマーといった方がやっていました。

こういう方が作られた作品は、技術や映像表現を重視するので、10分位の作品を見るだけでも見る方としては、なかなか大変だったのですね。

村松さんは、3Dプロジェクションマッピングにストーリーを持ち込んで作品を作ったことで、注目されるようになったのです。

村松さんは、高校3年生のときに海外に1年留学をしたそうです。

スポンサーリンク

そこで、映画というものに興味を持ち、映画を作りたいと考えるようになりました。

しかし、親からは大学へ行くように話があったようで、関西外国語大学に入学しますが、1年で辞めてしまったそうです。

大学をやめてからは、上京して俳優の仕事をされていました。

1996年の金田一少年の事件簿で難波昌平役で出演されていたと情報があります。

テレビドラマの出演などが徐々にくるようになってきていたのですが、映画に出たいということで始めた俳優の仕事でしたが、所属事務所が映画に出演の許可を出しませんでした。

そこで、自分の思い通りの仕事ができないのならということで、所属事務所をやめられたようですね。

そして、自分の会社を作ってしまったということですね。

今では、自分のやりたい仕事をすることができるようになったということで、楽しく仕事をされているようですが、3Dプロジェクションマッピングの作品については、まだまだ満足した作品が作れていないようですよ。

3Dプロジェクションマッピングを一躍有名にした東京駅の作品を下の動画で見ることが出来ます。

動画(TOKYO HIKARI VISION)

まとめ・感想

  • 村松さんは、プロフィールにも書きましたが、最初は、俳優の仕事がしたくて上京していました。これがもし、希望通りに映画の出演ができて俳優をしていたらどうなっていたのでしょうか?今では3Dプロジェクションマッピングという世界で活躍される方になったのですが、また違った人生を歩んでいたということで気になりますね。
  • 村松さんは、奥さんとお子さんがいらっしゃるようです。ということはご結婚をされているということになります。写真で見ていると長髪が似合うということはそれなりにいい男でないとこの髪型は合いませんからね。俳優だったとしてもきっと人気の俳優に慣れたのではないかと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。