本波幸一の侍魂がすごい!『釣り士』と名乗る!?経歴は?

本波幸一さんの侍魂がすごいですよ。この侍魂から『釣り士』と名乗っているそうです。経歴とか気になりますよね。12月18日(日)『情熱大陸』に出演されます。番組では、『初冬の北海道、体長150cmの巨大魚イトウ…写真や剥製の物証はなく昭和時代に数本が釣り上げられた情報のみ…“侍”の魂を持つ釣り士の竿がしなる!』と紹介されています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

本波幸一さんが『情熱大陸』に登場ということで注目されているようですね。

そこで、調べてみました。

本波幸一さんのプロフィール紹介

本波幸一出典:http://tv.yahoo.co.jp/program/24061776/

名前:本波 幸一(ほんなみ こういち)
生年月日:1959年生まれ(執筆時点57歳)
出身地:岩手県
最終学歴:水産高校

本波さんは、トラウトフィッシングの世界では超がつくほどの有名人のようです。

侍魂(サムライスピリッツ)を持つ釣り士と名乗っています。

本波さんが使用する釣り道具は、本波さんのお手製のものばかりで、特に釣りに必需品の竿やルアーは自作で、販売用のものも自作しているそうです。

今回の情熱大陸では、イトウという幻の巨大魚を釣り上げようということで挑んでいます。

イトウは、かなりの大きな魚で日本最大の淡水魚と言うそうです。

体長は、1メートルから大きいものは1.5メートルで、記録では1937年に2.1メートルのイトウが釣れたそうです。

スポンサーリンク

本波さんの名言としては、『一生幸せでいたいなら釣りを覚えろ』という名言を残しています。

経歴

本波さんは、1959年(昭和34年)の岩手県生まれで、父親が漁師ということで、子供の頃から釣りをして過ごしていました。

高校は、水産高校を卒業し、その後、国鉄と呼ばれた現代ではJRと名を変えていますが、入社し、44歳のときに退職をします。

その国鉄時代では、有給は全て釣りに捧げていたというのですから驚きですよね。

風邪など引かなかったのでしょうかね?

現在は、釣具を手作業で作ることをして、ホンナミスピリットという自己ブランドを持って釣具を売って生計を立てているそうです。

Amazonなどでは入手することが出来ないようですね。

釣りを生業として、世界的釣り具メーカーである『ダイワ』のフィールドテスターという釣具製品を実際に使用して、その製品に関する使いやすさなどの改良点をモニタリングして、メーカーに報告する仕事も務めています。

まとめ・感想

  • 本波さんは、国鉄で働かれていた間も釣りをやり続けたという、映画にもなった釣りバカなのですね。結婚はされているのか気になりますが、国鉄時代に結婚されているのではないかと思われます。今の年齢からすると、お子さんはもう手がかからなくなってきたので、何か始めようと考えたのかもしれません。そして、始めることができるときになったので、国鉄を辞めたのではないかと考えています。
  • 本波さんが作るホンナミブランドのロッドの価格なのですが、50,000円~80,000円と少々高目なので、釣りをしない人には理解できないかもしれないですね。ちなみに私は釣りはしないので、理解できない方だと思われます。他に欲しいものがあるのでそっちを買ってしまいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。