マツコがまさかのダイエット宣言!意外にも車好きだった!?

Pocket

マツコ・デラックスさんがまさかのダイエット宣言をしました。マツコさんは意外にも車好きだったようです。12月28日(水)『夜の巷を徘徊する』で、マツコさんは、クルマ開発の研究所を見学するようです。いつもは夜なのですが、今回は昼間から徘徊するため、目がついていけないそうです。元世界王者マキネンの走りや社員食堂で社員と一緒に昼食などトヨタ自動車を楽しんでいました。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

今回は、マツコ・デラックスさんが『夜の巷を徘徊する』で年末特別編が12月28日(水)に放送されます。

特別編ということで、いつも夜を徘徊しているのですが、お昼の明るいうちに徘徊するいうことで、目がついていけないとコメントしており、マツコさんらしさを始めから全開にしているようですね。

マツコ・デラックス

トヨタ自動車の東富士研究所に登場!

マツコさんが今回特別編に登場したのは、2015年に3時間特集で巨大自動車工場を訪問し、お世話になったトヨタ自動車です。

そして、今回、静岡県にある東富士研究所に出没しました。

以前から豊田章男社長と仲が良いということで、今回も豊田章男社長と共に番組を進めていきます。

私、トヨタ自動車で働いたことがありますので、東富士研究所と聞くと『懐かしいなぁ』と感じてしまいます。まあ、私のことは置いておきまして。

東富士研究所について、少し解説します。

東富士研究所には、テストコースがあり、全長1周2km3.7kmの周回路1.3kmの水平直線路全長200mの波状悪路、旋回走行試験用のスキッドパッド、振動騒音試験用の石畳路(ベルジャン路)、ぐり石路、特殊波状路、捩り路、急坂路が各種車両試験用設置されています。

東富士研究所

東富士研究所というくらいなので、先行開発を主にやられているのではないかと思います。

燃料電池に関する研究もここでされており、先行開発は、研究所でやり、量産設計段階に移行するときは、豊田市にある本社の設計部で設計を行っています。

関係ないですが、燃料電池バスの設計とかもされているんじゃないかな。

そんな東富士研究所にマツコさんが行くというのが今回の話ですね。

テストドライバーと出会う!

マツコさんが東富士研究所で、2000GTのEVを見て、興奮し、今回は本当に撮してはいけないところに来たという実感が湧いたようでした。

スポンサーリンク

ちょっと思ったのは、マツコさんが帽子とパンツスタイルになると、もともとは男性なので男性に見えるなと思ってしまいました。

その後、テストコースへ行き、試験走行を専門に行うトヨタのテストドライバーと出会うようです。

そこで、テストドライバーの運転で時速240kmの迫力のあるドライビングを体感し、

「いままでこんな加速したことない! すごい!  おもしろい!」

と、悲鳴を上げながらの大興奮!

テスト走行後に、18年ぶりにWRC(世界ラリー選手権)に復帰参戦するトヨタの出場マシンである「ヤリスWRC」がフィンランドから日本に到着して間もないようで、デビューランにマツコさんが立ち合うことになります。

しかもですよ!今回、そのヤリスをテスト走行させるドライバーが、過去、世界ラリー4連覇を果たし、伝説のドライバーとされるトミ・マキネンさんなのですね。

私はマツコさんがモータースポーツ好きだったとは知らず、ここで知りました。

元世界王者のマキネンさんとの出会いに、マツコさんは大興奮し、そんな様子を見たマキネンさんもマツコさんと意気投合してしまいます。

「青い目が素敵ね」

とマツコさんがうっとりするシーンも・・・

そして、豊田社長の運転するスポーツカーに乗って、ラリー走行の雰囲気を味わったマツコさんは、凍った路面を再現したコースなどを走り、

「ラリーってすごいのね!」
「実際はもっとすごいのよね!」

と目を輝かせる一面もありました。

せっかくなので、マキネンが運転するヤリスの走りを見学させてもらうことになり、マキネンの走りに

「マキネン張り切ってるな~」

と大感激していました。

豊田社長からは

「フィギュアスケートみたいでしょ」

と誇らしげな様子でした。

マツコがダイエット宣言!

ヤリスWRCにマキネンさんと一緒に乗るという予定だったようですが、マツコさんの体が大きすぎて、ラリー仕様でとにかく軽量化しているヤリスには乗ることができなかったようです。

そこで、マツコさんから

「これに乗るために、ヤセせよう!」

とまさかのダイエット宣言が飛び出すことになりました。

まとめ・感想

  • マツコさんが今回行った東富士研究所の他にも北海道の士別試験場や米国アリゾナ州のアリゾナ試験場などあります。試験場は、研究所よりもさらに大きなテストコースを持っており、日々車両試験に利用されています。トヨタ自動車は、車種が非常に多いため車両試験でテストコースを時期によっては取り合いになるほどで、大きな試験場があっても足らないくらいなのです。冬になると士別試験場は、多くの設計者や実験スタッフが行きます。インフルエンザが流行ると大変です。この辺り一帯はバイオハザード状態となり、行けば必ずインフルエンザとなって帰ってくるなんてこともあるようです。怖いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。