鏡餅の飾り方は?意味は?飾る日は?いつまで飾るの?

鏡餅の飾り方や意味、飾る日、いつまで飾るのかわかりませんよね。私も鏡餅のことをよく知らないので、今回は、勉強ということで色々と調べてみることにしました。お餅って昔からお祭りなどで餅投げとかやってよく登場しますよね。お餅は食べると生命力が与えられると考えられていたらしいですよ。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

今回は、お正月ということで、鏡餅の飾り方や意味、飾る日、いつまで飾るのか?など鏡餅について調べてみることにしました。

鏡餅

そもそもなぜ鏡餅は飾るのか?

鏡餅というのは、年神様(としがみさま)の依り代(よりしろ)なのだそうです。

元旦に年神様という新年の神様が、その年の1年間、幸福になるように各家庭をまわってくるとされているそうです。

その回ってきたときのために年神様の場所として鏡餅を準備するようです。

年神様は、祖霊神で、田の神、山の神でもあるそうで、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わっており、人々に健康や幸福を授ける神様として、「正月様」や「歳徳神(としとくじん)」とも呼ばれ、大切にされてきたそうです。

お正月の一連の行事というのは、その年神様を迎え入れてお祝いすることで、多くの幸せを授けてもらうことなのだそうです。

鏡餅の役割とは?

鏡餅の役割というのは、年神様から「」を分けて頂くためのものだそうです。

「魂」というのは、私たちの生きる力、気力に相当するものになります。

1年の元気の素ですね。

鏡餅には、年神様の依り代になるので、この鏡餅の餅玉を分けて頂くことで「魂」を受け取っていたのです。

その年の魂となる「年魂」をあらわす餅玉は、家長が家族に「御年魂」「御年玉」として分けていたそうです。

ここにお年玉のルーツがあったのですね。

そして、その魂を体に入れるための料理が「お雑煮」だったのだそうです。

お雑煮には必ず餅が入っており、お雑煮を食べないと「なんだか正月って感じしないなぁ」となるのです。

それは日本人の昔からの習慣で、当然の感覚なのですね。

また、年神様からの「魂」の数を数えると年齢になり、母親のお腹の中にいるときに魂が既にありますので、誕生した時を1歳として、そのあとは、元旦がくるたびに一斉に歳を取っていました。

これが「数え年」なんですね。

あと、鏡餅には「歯固め」という意味もあるようです。

丈夫な歯があれば食べられますので、健康で長生きできます。

そこで、新年の健康と良運、長寿を願う行事を「歯固め」といい、固くなった鏡餅を食べるのだそうです。

現代の鏡開きが昔の歯固めの儀式にあたるのだそうですよ。

鏡餅の形はなぜ丸いのか?

鏡餅の形がなぜ丸いのか気になりませんか?

なんでも、昔の鏡が丸だったのは、歴史を習ってご存知ですよね。

銅鏡が丸いことからの由来だそうです。

天照大神から授かったとされる三種の神器で、伊勢神宮などで鏡は御神体として祀られているところがたくさんあります。

鏡餅は年神様からの依り代なので、餅を丸くしてご神体としたことから「鏡餅」と呼ばれるようになったんだそうです。

そして、なぜ、2段なのか?

それは「魂」の象徴としていることで、大小2段は月と太陽、陰と陽を表しており、円満に年を重ねられるようにという意味も込められているのだそうです。

スポンサーリンク

鏡餅の飾り方とその意味とは?

鏡餅の飾り方やその意味ですが、まずは、一般的には、三方と呼ばれる、折敷に台がついたお供え用の器に白い奉書紙、または四方紅(しほうべに)という四方が紅く彩られた和紙を敷き、紙垂(しで)、裏白(うらじろ)、譲り葉(ゆずりは)の上に鏡餅を乗せ、昆布(こんぶ)、橙(だいだい)などを飾るのが基本の形のようですね。

鏡餅地方によってもしくは家によっては飾り方にこだわりやしきたりなど色々あると思いますが、串柿、勝栗、五万米、黒豆、するめ、伊勢海老などの縁起ものを飾り付けとして使用することもあるようです。

裏白

シダの一種で、表面は緑色で裏が白く、後ろ暗いところがない清廉潔白の心を表しています。

また、葉の模様が対になっているので、夫婦仲むつまじく白髪になるまでの長寿を願っています。

譲り葉

新しい葉が出て、その後、古い葉が落ちることから、家督を子孫に譲り、家系が続くことを表しています。

昆布

よろこぶという意味で、古くは昆布の事を「広布」(ひろめ)と言い、喜びが広がるという縁起ものです。

さらに蝦夷(えぞ)で取れるので夷子布(えびすめ)と呼ばれており、七福神の恵比寿に掛けて福を授かるという意味合いもあります。

また、「子生」(こぶ)と書いて子宝に恵まれるよう願っています。

「代々」とも書き、果実は冬に熟しても落ちにくいため、数年残ることもあり、1本の木に何代もの実がなることから、長寿の家族に見立てて家族繁栄、代々家が続くようにと願いが込められています。

串柿

干し柿を串に刺したもので、柿は「嘉来」に通じる縁起ものでもあります。

干し柿は「見向きもされない渋柿でも、修練の末には床の間の飾りにもなる」という高い精神性を表しています。

串に刺した串柿は三種の神器の剣を表し、「鏡=鏡餅、玉=橙、剣=串柿」で三種の神器を表しているとも言われているそうです。

鏡餅を飾る場所はどこが良いのか?

現代では、リビングに飾るのが良いようです。

テレビの上などの騒がしい場所や見下すような低い場所ではダメだそうです。

リビングボードの上などにきちんとお供えしましょう。

供える方角は、その年の恵方か南向き、もしくは東向きが良いとされています。

他にも、台所、書斎、子ども部屋など、年神様に来て頂きたい大事な場所にお供えします。

あと、調べて驚いたのが鏡餅は1つに限らないのだそうです。

複数お供えしてもかまわないということだそうですので、供えることができる方はたくさんお供えして、その年を良い年にしてみてはいかがでしょうか?

鏡餅を飾るのはいつが良いのか?

鏡餅を飾るのは、12月28日まで、もしくは、12月30日に飾り付けが良いそうです。

29日は、苦餅(苦持ち)、二重苦に通じることから良くないです。

31日に飾るのは一夜餅といい、葬儀と同じ一夜飾りに通じて縁起が悪いです。

こうした理由から、12月28日までに飾り、遅くても、30日に飾り付けを行います。

そして、1月11日の鏡開きで、お供えした鏡餅をさげて食べます。

地域によって松の内が15日までというところは、15日に鏡開きをする場合もあるそうです。

鏡餅は、供えたものを食べることに意義があるので、雑煮やおしるこなどにして必ず食べることが大切なんだそうです。

まとめ・感想

  • お正月ということで、鏡餅を調べてみてわからなかったことや知らないことがわかりました。今回調べたことがお役に立てたら幸いです。迎える新年があなたにとって飛躍の年となるように願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。