キングカズの神回答が凄い!記者からの意地悪な質問にこう答えた!

キング・カズの記者からの意地悪な質問『人気取りですか?』に対する答えが凄い、一体どう答えたのか?
この答えができるのは、サッカー界のキングだからこそ答えられたに違いない。
今回は、この出来事を発見して、皆さんとこの情報をシェアしたく調べてみました。
この事実をあまり報道されていないので、信じるかはお任せしたいと思いますが、できれば信じて欲しいと自分は思います。そして、さらにカズを好きになって下さい。
それでは、早速、記事本文へいってみましょう。

スポンサーリンク

三浦知良選手といえば、日本で一番有名なサッカー選手

静岡県出身で日本代表にも選ばれ、FIFAワールドカップに初出場を果たしました。

その後、フットサルの代表にも選出され、改めて凄さを感じました。

そんな凄いキングカズですが、今回、知ったエピソードがあまりにも男前すぎて、カズの人としての暖かさ、思いやりの深さに人として惚れるほどでした。

それでは、そのエピソードを紹介します。

ある日の新聞記者が、三浦選手が訪れる養護学校で待ち伏せ

新聞記者が三浦知良選手が養護学校へ度々来て、養護学校の障害者の子どもたちと会っているという情報をキャッチしました。

このような場合は、通常、マスコミに事前に情報を流して、訪れるのだそうですが、三浦選手は、どうも事前に情報を流していなかったようですね。

事前に情報を流すのは、良い言い方ではないですが、好感度を上げるためや人気取りのために流します。

普通であれば、このようにするのですが、三浦選手はしなかったのです。

新聞記者は、なにか秘密があるに違いないと施設に3日ほど張り込みしました。

三浦選手が場違いな高級車に乗って施設に訪れて

三浦選手が施設に訪れて、施設の障害を持つ子どもたちとサッカーを始めました。

子どもたちの中には、重度の障害で手足が満足に動かせない子どももいました。

しかし、子どもたちはみんな必死になってサッカーを楽しんでいました。

スポンサーリンク

その子どもたちのあまりに一生懸命な姿から新聞記者は、三浦選手より子どもたちを写しはじめたのです。

サッカーを子どもたちとやり終え、子どもたちが帰るときに三浦選手はこう言いました。

『今日もみんなありがとう!!』

この三浦選手の言葉に違和感を感じませんか?

施設から出てくる三浦選手に新聞記者は少し意地悪に質問

新聞記者はこれを聞いて驚きました。

子どもたちからのお礼ではなく、三浦選手が子どもたちにお礼を言っているのです。

そこで新聞記者は少し意地悪に質問をしました。

『○○新聞ですけど、このような施設で子どもたちとサッカーをするのは、やはり好感度とか人気取りなんでしょうか?』

新聞記者からの質問に三浦選手はこう答えました!

この質問に三浦選手は驚きましたが、このように答えたのです。

『僕が彼らに何かをしてあげてるって?
逆に僕が何かをもらっているように見えなかったかい?』

そう言って三浦選手は車に乗って去っていったのです。

そして、この質問をした記者は、こんな質問をしてしまったことを後悔したそうです。

そして、自分が撮影したカメラには、泥だらけになって倒れながらもボールに向かっていく子どもたちのほうが三浦選手より多く撮影されていました。

このエピソードは、三浦選手の優しさを感じますよね。

まとめ・感想

  • さすがはキングカズと言われる三浦選手のエピソードでした。
  • 三浦選手の現役が長いのはご存知の通り、このエネルギーはこの子たちからもらっていたからこそなのかもしれませんね。
  • このエピソードを聞いて、三浦選手を応援したくなりました。ぜひ、できるだけ長く現役でいて欲しいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。