お屠蘇の飲み方は?作り方は?意味は?お神酒との違いは?

Pocket

お屠蘇の飲み方や作り方、意味、お神酒との違いについて調べてみました。私もお屠蘇のことをよく知らないので、今回は、勉強ということで色々と調べてみることにしました。お屠蘇はお神酒と同じ清酒と思われがちなのですが、漢方を浸した薬酒だそうで、家族の健康を願う気持ちが込められているのだそうですよ。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

お屠蘇

今回は、お正月ということで、お屠蘇の飲み方や作り方、意味、お神酒との違いなどお屠蘇について調べてみることにしました。

お屠蘇の意味

お屠蘇の始まりは、中国で邪気を祓い不老長寿になれる薬酒として、大晦日の日に井戸の中に漢方薬をつるして、元旦の朝に引き上げて酒に浸したものを年少者から順番に飲んだことに由来しています。

お屠蘇」という名前には、邪気を屠(ほふ)り魂を蘇らせるという意味があるのだそうです。

おすすめ記事:鏡餅の飾り方は?意味は?飾る日は?いつまで飾るの?

お屠蘇の飲み方

お屠蘇の飲み方は、正式では、屠蘇器と大・中・小の三つ重ねの盃でいただきます。

銚子に水引きや正月飾りをつけると、小さな屠蘇に年神様が降りる目印になるそうですよ。

屠蘇器がない場合は、手持ちの酒器で構わないそうです。

飲む順番

飲む順番があるんですね。

若い人から年長者へと順番に盃を進めていき、若い人の生気を年長者に渡すという意味や毒見の名残で、これは中国伝来の正月ならではのしきたりとなります。

日本では通常の祝杯に準じて、家長から年少者へと進める方法が多いのかも?

スポンサーリンク

また、厄年以外の人が口にした杯には厄を祓う力があるとされているらしく、厄年の人は最後に飲むとよいようです。

飲み方

飲み方としては、まず最年長者が最年少者にお屠蘇を注いで飲み干します。

その最年少者が二番目に若い人に注ぐというように、飲み終えた人が次の人に注いでいきます。

三つ重ねの盃の場合、正式には小・中・大の順番でそれぞれ1杯ずつ飲んでいきますが、略式の場合なら1つの盃に3回に分けて注ぎ、3回に分けて飲むという方法もあります。

お屠蘇の作り方

お屠蘇の作り方は、現代では、山椒(さんしょう)や桔梗(ききょう)、肉桂(にっけい)、蜜柑の皮などを調合したお屠蘇の素が、「屠蘇散」「屠蘇延命散」として薬局やスーパーなどで販売されているそうですよ。

紅茶のティーパックのようになっている場合が多く、これを大晦日に日本酒みりんに浸して、元旦に引きあげればできあがりです。

日本酒に浸すとスッキリ味、みりんに浸すと甘くなるそうです。

おすすめ記事:小豆粥の作り方や効果は?いつ食べればいいの?由来は?

お神酒との違い

最初に書いた通り、お屠蘇はお神酒と同じ清酒と思われがちですが、漢方を浸した薬酒がお屠蘇になり、家族の健康を願う気持ちが込められているものになります。

ちなみにお神酒は、神様にお供えしたお酒で神様の霊が宿ったお酒のことを指します。

まとめ・感想

  • お屠蘇の飲み方や作り方、意味、お神酒との違いがわかりましたね。いい勉強になりました。日本の風習なのに知らないことが多いですからね。これを機会にお屠蘇を家庭でやってみるというのもいいかもしれませんね。お子さんがいるご家庭ではみりんで作るのがいいかもしれませんね。飲ませすぎないようにご注意下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。