七草粥の意味とは?いつ食べるの?レシピは?作り方は?

Pocket

七草粥の意味やいつ食べるのか?レシピや作り方がきになりますね。この時期になると年末年始の食事で胃腸に負担がかかっているので、七草粥を食べて、胃腸の調子を整えていきましょう。七草粥は、本来は人日の節供の行事だったらしいですよ。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

七草粥

お正月にたくさんお餅などの正月料理を食べて胃もたれしていませんか?

そんなときには七草粥で胃腸の調子を戻していきましょうね。

七草粥の由来

七草粥は今では、正月行事として定着していますが、本来は「人日の節供」の行事だったそうです。

人日とは読んで字のごとく人の日という意味だそうです。

これは古代中国から、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、ということでそれぞれ吉凶を占い大切に扱われていたそうです。

7日に関しては、人に刑罰を与えない、そして、7種の若菜を入れた粥を食べて、無病息災、立身出世を願うという風習があったそうです。

これが七草粥の由来になったそうです。

日本には平安時代に伝わる

この中国の風習が日本に伝わり、年の始に若菜を摘んで、自然界から新しい生命力を頂く「若草摘み」という日本古来の風習と結びつき、七草粥となりました。

これが伝わったのが平安時代で宮中行事となりました。

江戸時代になり「人日の節供」として五節供の一つに定められて定着していきました。

また、七草粥が定着したという背景には、お正月も関係しているそうです。

7日といえば松の内(一般的には1月1日~7日)の最後の日になりますので、お正月のご馳走に疲れた胃腸を労り、冬場で青菜の不足しがちな体に栄養補給にもなることから、この日に七草粥を食べるということで、新年の無病息災を願うようになったそうです。

春の七草

春の七草言えますか?

スポンサーリンク

一般的に、七草粥の七草は春の七草を指しています。

  1. 芹(せり)      水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
  2. 薺(なずな)     別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材。
  3. 御形(ごぎょう)   別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果。
  4. はこべら       目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にも。
  5. 仏の座(ほとけのざ) 別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
  6. 菘(すずな)     蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
  7. 蘿蔔(すずしろ)   大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にも。

七草粥の作り方

お正月にはついつい、色々と食べ過ぎてしまい疲れた胃腸を休ませるには、七草粥がぴったりです。

スーパーなどの市販の「七草セット」を使えば簡単にできますので、ぜひ作って体を労りましょう。

【材料】(4人分)
米1カップ、七草セット 1袋、塩少々

【作り方】
①といだ米を5~7合の水に30~60分ほどつけておく。
②厚手の鍋に①を入れてふたをし、強火にかける。
③沸騰したら弱火にし、ふたを少しずらして吹きこぼれないように弱火にし、さらに煮る。
※焦げ付かないように火加減に注意!
④40~60分ほどして米がやわらかくなったら、七草を細かく刻んで入れる。
⑤塩少々を入れて味を整え、火を止め、ふたをしてしばらく蒸らす。

まとめ・感想

  • 七草粥は、もともと中国の風習が日本に伝わって、日本の風習と合わさって出来たようですね。定着したのは江戸時代で、けっこう長い習慣なのですね。お正月ということで美味しいものを食べる方もいらっしゃると思いますので、7日には七草粥を食べて胃腸をいたわるようにしていきましょう。そして、また元気よく新年を無病息災で過ごせるようにしていきましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。