2017年の恵方巻きの方角は!『○○○やや北』!

2017年の恵方巻きの方角は『北北西やや北』になります!知りたいことは、これだけなのでこのブログは役目を終えてしまうのですが、でも、それだけではつまらないですので、もう少し情報をご提供できればと思います。恵方巻きの方角は、毎年変わりますので、来年の方角もお楽しみに。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは、蒼士です。

2017年の恵方巻きの方角ですが、北北西やや北になります。

この恵方巻きを食べる方角というのは、毎年変わります。

恵方巻き

恵方巻きの方角

恵方巻きは、2月3日の節分の日に縁起が良いとされる方角を向いて、無言でむしゃむしゃ食べると願いが叶うとか、縁起が良いとかされていますね。

方角というのは、毎年変わります。

2017年は、北北西やや北、これは何度もお伝えしているのでもういいですね。

2018年の方角

2018年の方角は、『南南東やや南』となります。

恵方巻きの始まり

恵方巻きの始まりですが、恵方巻きの発祥は、いろいろと諸説あるそうです。

一説では、1950~1970年に大阪の海苔販売業者が節分の日に『巻きずし丸かぶり早食い競争』というイベントを開催したのが始まりなんだそうですよ。

このイベントで恵方巻きは関西となっているようですが、恵方巻きを全国に広めたのは、コンビニ最大手のセブンイレブンなんだそうです。

1989年に広島のセブンイレブンが恵方巻きの販売を始めたのだそうです。

スポンサーリンク

そして、1995年に関西方面より西側に広がり、1998年に全国で恵方巻きが販売されるようになりました。

確かにこのくらいの年にコンビニで恵方巻きが発売されだした記憶があります。

もう一つの説が、時代が江戸時代の末期とされています。

  • 大阪の商人が商売繁盛を祈願した
  • 恵方巻きを鬼の金棒と見立てて厄除けの意味で食べていた風習
  • 豊臣秀吉の家臣が節分の日に海苔巻きを食べて次の日に勝利した

恵方巻きのなぜ?

恵方巻きって何で黙って食べるのでしょうね?

この理由が気になりましたので、調べてみました。

食べているときに無言で食べるのは、『食べている途中でしゃべると運が逃げてしまう』からだそうです。

食べているときに『願い事を思い浮かべながら』食べると願いが叶うとか。

なぜ、恵方巻きを1本切らずにそのまま食べるのかというと、『縁を切らない』という意味があるそうです。

他には『目を閉じる』、『笑いながら』というのがあるそうで、基本は、『恵方を向いて、黙って、願い事を思い浮かべながら食べきる』だそうです。

まとめ・感想

  • 2017年の恵方巻きの方角は、これで大丈夫ですね。恵方巻きの発祥については、諸説いろいろありました。どれが本当かわかりませんが、今年も良い年になるといいですね。できるだけ良い年になるようにやっておけば、あのときにやらなかったからと後悔しないで済みますからね。やれることはやっておいた方がいいでしょうね。それでは、今年も良い年にしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。