柊鰯の作り方は?いつまで飾るの?処分の仕方とは?

柊鰯(ひいらぎいわし)の作り方や、いつまで飾ればいいのか?飾ったあとの処分の仕方に関する記事になります。節分の日になると豆まきや恵方巻きなどの行事がありますね。今回は、そんな節分の行事の一つである『柊鰯』という縁起物の作り方と飾る時期、処分の仕方について紹介します。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

柊鰯ってご存じですか?

私の地域では柊鰯の習慣がなくて、今回、季節の行事で調べてみることにしました。

柊鰯

柊鰯の作り方

柊鰯の作り方なのですが、めちゃくちゃ簡単ですよ。

こんなに簡単なので、作り方とかいうのもどうかと思ってしまいます。

材料

  • 鰯(いわし)の頭
  • 葉っぱがついた柊の枝
    枝に関しては、鰯の頭がさせるくらいの大きさがいいですよ。

作り方

  1. まずは鰯の頭を焼いて下さい。
  2. 鰯の頭を柊の枝に刺して下さい。

これで柊鰯の完成になります。とっても簡単でしたね。

出来た柊鰯は、玄関に飾って下さい。

最近では、家の中で柊鰯を飾るご家庭も多いとのことです。

柊鰯を飾る期間

柊鰯の飾る期間なのですが、そんなに長期間飾るものではないようです。

飾る期間は、地方や習慣によって多少違うようですが、

『節分の日の2月3日から、次の日の立春である2月4日まで』ここまでが一般的な期間になるようです。

柊鰯の処分方法

柊鰯を飾り終わって、どうやって処分をしようか考えたことないですか?

一応、柊鰯は、縁起物になりますので、ゴミ袋にポイって捨てるには抵抗がありませんか?

スポンサーリンク

近くに神社が上がれば、そこに持っていけばいいのですが、わざわざ柊鰯のためだけにというのはちょっと面倒に感じますね。

それに神社が遠くにある場合は、柊鰯はどのように処分をすればよいかというと、『半紙に包んで塩で清めてから捨てる』というのが割りと一般的なようです。

柊鰯の由来

作り方はとっても簡単な柊鰯ですが、その由来についても調べてみました。

柊鰯ですが、これはそもそもどうして飾っているのかというと魔除けの意味で飾られています。

昔の人は、『臭いもの』、『尖ったもの』に魔除けの効果があると考えていました。

だから、祭事などによく使用する風習があったそうです。

節分の日には、魔というのは、のことを指し、『臭いもの』には、鰯の頭、『尖ったもの』には、柊の葉の棘とそれぞれ指していたようです。

臭い鰯の頭で鬼を遠ざける作用があり、柊の葉の棘で鬼の目を指すとも言われているそうです。

この風習に関してですが、歴史は古くて、平安時代に描かれた土佐日記や江戸時代の浮世絵に出てくるそうです。

まとめ・感想

  • 柊鰯についていかがでしたか?柊鰯の習慣があるところであれば、記事に書かれていることをすでにやられていることと思います。習慣のないところでも今回、こうして知る機会がありましたので、これを機にやってみていはいかがでしょうか?今年、健康で安全に過ごせることが何よりも大事だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。