痛風の症状で足の小指に出た?珍しい症状のようですよ

痛風の症状で足の小指に出るのは、珍しい症状のようですよ。痛風発作は、その多くは足の親指付け根が多いそうです。痛風発作の前兆や初期症状、痛風の原因や足の小指に痛風の症状が出てしまったときの対処法をご紹介していきます。痛風の症状が出やすいのは、疲れていたり、ぶつけてしまったところに出やすいそうです。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

痛風でお悩みの方も多いと思います。

多くは足の親指の付け根が痛風発作の症状として出やすいのですが、中には足の小指に発作が出るという方もいるようです。

痛風の前兆

痛風の前兆ってあるのかな?って思いますよね。

痛風にも前兆があり、これは人にもよりますが、『ムズムズする』や『何かかゆい』という症状が出たら、痛風の前兆の可能性があります。

ときには、『しびれる』という人もいるようです。

この段階では、乾燥肌でかゆいといったケースもあり、なかなか痛風と考えることはないでしょう。

痛風の初期症状

痛風の前兆を経過して、初期症状が出てくると痛風を自覚し始めてきます。

でも、なかなか『自分が痛風である』ということを認めたくないという人は多いでしょうね。

この痛風の初期症状ですが、『足をどこかにぶつけたか?』と思うような赤い腫れが見れます。

このときに痛風の判断をするのに尿酸値を知ることができれば、痛風か、痛風ではない、かが分かります。

痛風の初期症状の尿酸値は、7.0mg/dlを超えているとアウトです。

痛風の原因

ここで、痛風の原因をご紹介します。

痛風は、プリン体などの旨味成分によって尿酸値が上昇するそうです。

尿酸値が普段から高い方は、ちょっとしたことがきっかけとなり、痛風発作を発症します。

スポンサーリンク

例えば、こんなことがあったら翌日痛風になるかもしれません。

  • 好きなものをお腹いっぱいに食べた日が連日に渡って続いた。
  • 胃が痛くなるほどの精神的なストレスを感じた、感じる機会が多かった。
  • 最近、体重が急増した。
  • 長い時間立っている仕事をしている。
  • 最近、角で足の小指をぶつけてしまった。

といったことなどですが、もしかしてと思ったら、痛風かもしれませんよ。

痛風でよく聞くのは、焼肉にビール、カツ丼やカツをスタミナを付けるためだと連日で食べてしまって、痛風になってしまうという暴飲暴食パターンですね。

痛風が足の小指に起きたときの対処法

痛風が起きるとその患部は、赤く腫れ、熱く熱を持っていて、激しい痛みで立っていることもできなくなります。

こうなったら痛風発作が起こっている状態なので、病院に行かないといけません。

痛風発作は、朝方に多く起こるようです。

それは、寝ていて、立ち上がることで心臓の位置より患部が下がるために、痛風発作が起きるようなので、痛風で足の小指や親指が痛くなったら、足を心臓の位置よりも高くして横になりましょう。

前述の通り、患部には熱を持っていますので、氷枕などで患部をけっこう冷やして下さい。

冷やすことで感覚を麻痺させて、痛みを弱める効果が期待できるそうです。

対処法を知っておくと痛風のときに役立ちますが、痛風にならないことが一番いいので、痛風にならないように日頃から気をつけて下さい。

まとめ・感想

  • 痛風で足の小指が痛くなるのは、珍しいケースだそうです。痛風は、弱っているところに尿酸の結晶が刺さることで痛みがでるようです。弱っているというのは、抵抗力が低いところで、物理的にぶつけたところでも発症するケースがあるということなので、ぶつけないように気をつけましょう。食生活も美味しいものばかり食べないで、色々なものを食べるようにして、痛風を防いでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。