拡張子『.rar』ファイルの開き方について解説!

『.rar』拡張子ファイルの開き方について解説します!見たことのない拡張子だとどうしたら良いか分からないですよね?ウィルスだったら困ってしまいます。今回は、『.rar』についての対応の仕方についてご紹介します。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

ちょっと珍しい『.rar』の対応の仕方についてです。

そんなに難しいものでもないですし、怪しいものでもありませんので、安心して下さいね。

.rar

拡張子『.rar』の正体は

『.rar』の正体は、zipやLZHなどの圧縮ファイル形式の一つになります。

zipよりも高い圧縮率を持っているそうですが、日本ではあまり一般的ではない形式になります。

なぜ、使われることがないかというと圧縮することも解凍することも難易度が高いからだそうです。

それに、『.rar』にするための圧縮ソフトがWinRARというシェアウェアで、お金をかけなけなれば『.rar』を使用することが出来ません。

お金をかけてまで『.rar』を使用する人が少ないのですね。

しかし、日本では少なくても海外ではしばしば使われる機会があるそうです。

ネットでダウンロードしたファイルが『.rar』だったら開くことを諦めなくてはならないのでしょうか?

ファイルを開く(解凍する)方法

『.rar』ファイルを開く方法は、パソコンがネットにつながっていれば、開くことが可能です。

Window10でも『.rar』を簡単に解凍することができます。

それは、アプリを使用します。

その名も『RAR Opener』です。

アプリダウンロード

スポンサーリンク

上記のMicrosoftのサイトから『RAR Opener』をダウンロード、ストアアプリからインストールを行って下さい。

『RAR Opener』

『RAR Opener』を開くとこのような画面が出ます。

なんとシンプル!ボタンが3つだけ!

左から『Unpack(解凍)』『RAR→ZIP(RARをZIPに変換)』『Pack(圧縮)』。

『.rar』を解凍するときは、一番左の『Unpack(解凍)』を選択して下さい。

ファイルの選択画面になりますので、『.rar』のファイルを選んで下さい。

ファイルを選ぶと次にこの画面になりますので、ここで解凍後のファイルの保存先を選びます。

どうもフォルダにしか解凍できないようで、デスクトップなら新しいフォルダを作成して、そのフォルダを選択して解凍してみて下さい。

これで解凍できていると思います。

まとめ・感想

  • 『.rar』という拡張子は、zipやLZHなどの圧縮形式で、zipよりも圧縮率が高いが圧縮・解凍の難易度が高い。扱っているソフトもシェアウェアで有料ソフトのため、日本ではあまり普及していない。海外では、しばしば使用されているので、もし、ダウンロードして解凍できないときは、Microsoftのアプリ『RAR Opener』をダウンロードすれば圧縮・解凍することが出来る。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。