桃の節句の意味や由来は?子どもに簡単に伝えるには?

桃の節句の意味や由来を子どもに簡単に伝える方法をご紹介してきます。女の子のお祭りとして、ひな祭りは桃の節句に行いますね。その意味や由来って何かご存ですか?昔は、女の子だけのお祭りではなかったようです。女の子のお祭りとなったのは、なぜでしょうね。由来は、平安時代にまでさかのぼるので、本当に歴史の長い日本の風習なのですね。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

桃の節句の意味や由来について、解説していきます。

桃の節句の意味や由来は?

桃の節句の由来は、上巳と関わりが深く、中国から伝わったとされる五節句が関係します。

上巳というのは、3月上旬のことをいい、これを上巳の節句という五節句の一つです。

節句というのは、季節の変わり目で昔の日本では、節句ごとに厄払いを行っていました。

今でも、季節の変わり目で体調を崩される方が多いと思いますが、この体調を崩すことを昔は医療技術が発達していなかったので、致命的になることから厄払いを行って病気にならないようにしていたのです。

こうした理由から、上巳の節句では、厄払いや健康祈願として、紙や草、わらなどで人形(ひとがた)を作って自分の身代わりとして川に流していました。

一方では、貴族階級の子どもたちの間で『雛遊び』というのが流行っていました。

この『雛遊び』と川に人形を流すのが合わさり、『流し雛』となりました。

スポンサーリンク

この『流し雛』が、ひな人形のルーツと言われています。

江戸時代になり、人形作成技術が向上し、ひな人形を豪華に作成するようになりました。

立派な人形なので、川に流すことをやめて、家で飾るようになったということだそうです。

これが、現代のひな人形となったようです。

なぜ、桃の節句が3月3日となったかというと、江戸時代に江戸幕府により定められたということです。

そして、なぜ、上巳の節句が桃の節句というのかというと、旧暦の3月3日桃の花が咲く頃だったから、桃の節句と呼ばれるようになったのです。

中国では、桃は古来から邪気を払うという力を持っているとされており、上巳の節句は、邪気を払う日であるということから桃の木を飾ったということもあるようです。

日本では、桃は魔除けの木ともされており、桃の葉は皮膚疾患に効果があるとされ、あせもやタダレを治療するのにも桃が使用されていました。

以上のように上巳の節句が、いつしか桃の節句と呼ばれるようになりました。

まとめ・感想

  • 桃の節句の意味は、厄払いや健康を祈願するという意味合いがありました。
  • 桃の節句の由来は、中国から五節句というのが伝わり、上巳の節句が、3月上旬で旧暦の3月には桃の花が咲く時期だったことから桃の節句と呼ばれるようになった。3月3日と決められたのは江戸幕府が決めたとされています。
  • ひな人形の由来は、川に人形を流すという習慣と貴族の子どもたちが遊んでいた雛遊びが合わさり、流し雛が始まり、江戸時代で人形を流すのやめて家で飾るようになったというのが由来になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。