桃の節句でのはまぐりやちらし寿司の意味は?

Pocket

桃の節句でのはまぐりやちらし寿司の意味はご存知ですか?はまぐりのお吸い物やちらし寿司、菱餅、ひなあられ、白酒にはそれぞれに意味があったんですね。桃の節句でこうしたものをなぜ食べるのでしょうか?女の子の健やかな成長を願うというのが基本ですが、こうした食事にも一つ一つ願いや意味が込められています。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

桃の節句でのはまぐりやちらし寿司の意味についてです。

お子さんに聞かれたときに答えられるしっかりとした大人になるためにぜひとも知っておきましょう。

はまぐりのお吸い物

はまぐりのお吸い物というのは、平安時代にまで遡って、『貝合わせ』という遊びではまぐりは使用されていました。

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければピッタリと合うことが出来ません。

そこからひな祭りの代表的な食べ物となりました。

このことから、仲の良い夫婦を表しており、『一生一人の人と添い遂げる』ようにという願いが込められた料理、縁起物で、理想の夫婦像としてはまぐりが捉えられてきました。

親としては、『将来、娘が素敵な男性と出会って良い結婚をして、いい夫婦生活が送れますように』という願いが込められているのですね。

はまぐりのお吸い物の購入はこちらから

ちらし寿司

ちらし寿司自体には、意味がないそうですが、使われている材料に意味があるそうです。

ちらし寿司は、ひな祭りだけでなく、お祝い事にはちらし寿司を作って祝うそうです。

平安時代では、桃の節句に『なれ寿司』と呼ばれるものにエビや菜の花などをいろどりよくして食べていたとあります。

このことが現代にまで引き継がれて、ちらし寿司となりました。

使われている具材の意味

  • エビ・・・長生き、長寿、コシが曲がるまで長生きできるように
  • レンコン・・・見通しがきく、先が見通せるように
  • まめ・・・健康でまめに働ける

ちらし寿司の購入はこちらから

菱餅(ひしもち)

ピンク、白、緑の3色の持ちをひし形に切って重ねた菱餅ですが、この菱餅にも意味があります。

まず菱餅の起源は、上巳の節句とともに中国から伝わった母子草(ははこぐさ)という草餅だそうです。

母子草をついて餅にするということから、よもぎを日本では使うように変化し、菱形になったのは、江戸時代からのようです。

各種の意味ですが、ピンクは『魔除け』、白は『清浄』、緑は『健康』という意味があります。

そして、各種の効果は、ピンク餅は解毒作用があるクチナシの実、白餅は、血圧を下げるひしの実、緑餅は、増血効果がるよもぎと効果もちゃんとあるのですね。

スポンサーリンク

菱形にも意味があり、心臓を表していると言われており、災厄を覗こうという気持ちから菱形になったそうです。

あと、3色の意味が、『雪が解けて大地には新芽が芽吹いてやがて桃の花が咲く』という意味があるそうです。

菱餅の購入はこちらから

白酒

白酒

白酒はもとは、『桃花酒』と呼ばれる桃の花を漬けたお酒で、意味は、桃は邪気を祓い長寿に通じる縁起物ということからだそうです。

白酒は、アルコールが10%ほどなので、子どもには、ノンアルコールの甘酒を飲ませるようにしましょう。

白酒の購入はこちらから

ひなあられ

ひなあられ

ひなあられは、ひな祭りにはなくてはならないものですが、いろいろと説があるようです。

ひな祭りの代表的な和菓子の一つですが、ピンク、緑、黄、白は、四季を表しており、でんぷんが多く健康に良いということから、『1年中娘が幸せに過ごせるように』という願いが込められているそうです。

他には、雛の国見せという風習からひなあられがきているということで、貴族階級の娘達がひな人形を川辺や野原に持ち出し、春の景色を見せるということで、そのときに食べるのが雛あられだったそうです。

しかし、ひなあられですが、関東と関西で違うものだということだそうです。

関東では、米を爆発させて作るポン菓子に砂糖で甘く味付けしたものと、関西は、塩や砂糖醤油で味付けした餅を揚げたものをいいます。

平安時代の話なので、関西のひなあられが本当のひなあられじゃないかと有力視しています。

ひなあられの購入はこちらから

まとめ・感想

  • 桃の節句での食事にはまぐりのお吸い物やちらし寿司など、何気なく食べていると思いますが、こうして、料理の一つ一つの意味を理解して食べるのとでは全然気持ちも変わってくると思います。料理にも込められた意味や願いを知り、行事を自分の身近に感じることができそうですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。