桃の節句でのお祝い金額はどのくらい?いつ渡すの?

桃の節句でのお祝い金額はどのくらいで、いつ渡せばいいのか?こうしたことってなかなか知る機会がなければ、知らないことですよね。桃の節句だけでなく、端午の節句でも同じことがいえますが、今回は、桃の節句ということで紹介します。お祝いの金額も多すぎたり、少なすぎたりしないように相場がわかると渡しやすいですよね。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

桃の節句でのお祝い金額の相場と渡す時期についてです。

桃の節句のお祝い金額の相場

桃の節句でのお祝い金額の相場ですが、これは、祖父母か親戚・兄弟、友人・知人と立場によって変わってきます。

  • 祖父母・・・5万円~30万円
  • 親戚・兄弟・・・5,000円~1万円
  • 友人・知人・・・3,000円~5,000円

祖父母の金額が高いのには理由があります。

通常、母方の祖父母がひな人形を贈るというのがあるからです。

最近では、父方の祖父母とひな人形代を折半し、贈るというケースも増えてきているようです。

お祝いを渡す時期

お祝いを渡す時期ですが、ひな人形を贈る場合は、お雛様というのは、子供の厄災を身代わりになって受けてくれるという特性上、2月の中旬には飾れるように贈るのがいいです。

現金を贈る場合でも早めに贈るのがマナーです。

ひな人形は、少なくとも3月3日から一週間以上前から飾れるようにするのがいいでしょう。

スポンサーリンク

飾る日数が少なかったりすると厄払いの効果が薄れてしまうそうです。

桃の節句のお祝いを贈るときのマナーについて

桃の節句のお祝いを贈るときのマナーですが、贈る先がアパートやマンションにお住まいの家庭では、7段飾りといった豪華なひな人形を贈られても送り先が困ってしまい、迷惑になってしまいますので、お孫さんのために張り切りたいという気持ちは理解できますが、ここの住宅事情に合ったひな人形を贈るのがトラブルにならず、よいでしょう。

桃の節句や端午の節句でのお祝いに関しては、基本的に内祝い(お返し)は必要ありません。

お祝いの席を設けて、そこに招待することが、お返しになりますので、必要ないのですが、どうしてもお返しをしたい、する必要があるという場合は、頂いたお祝い金額の3分の1から半額の範囲でお返しの品を贈るようにしましょう。

そのときに、祝いの席やひな人形と子供の写真を一緒に贈ると喜ばれますよ。

まとめ・感想

  • 桃の節句でのお祝い金額は、祖父母であれば5万円から30万円、親戚・兄弟であれば、5,000円から1万円、友人・知人であれば、3,000円から5,000円の範囲が一般的な相場になります。
  • 桃の節句のお祝いを送る時期ですが、ひな人形であれば2月中旬で、遅くても3月3日の一週間前に飾れるように、現金を贈る場合でもできるだけ早く贈るようにしましょう。
  • お祝いを贈るときのマナーは、ひな人形を贈るのであれば、送り先の住宅事情を配慮したひな人形を選ぶようにしましょう。最近では、七段飾りを飾れる住宅はかなり限られていると思います。お祝いのお返しは、頂いた金額の3分の1から半額の範囲で、お返しを渡すようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。