桃の節句でのお祝いのお返しのマナーとは?お返しの時期は?

Pocket

桃の節句でのお祝いのお返しのマナーやお返しの時期についてご存知ですか?桃の節句だけでなく、端午の節句でも共通なのですが、初節句で、子どもが生まれて初めて迎える節句のお祝いを頂くことがあると思います。そのお返しに関するマナーと時期について詳しく調べてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

桃の節句でのお祝いのお返しのマナーやお返しの時期ですが、こうして調べなければ、なかなか知る機会もありませんよね。

初節句、すなわち、男の子であれば5月5日の端午の節句、女の子であれば3月3日の桃の節句が初節句になります。

ですが、生後3ヶ月未満の場合に関しては、次の年に行うという場合もあるようです。

桃の節句でのお祝いのお返しのマナー

桃の節句だけでなく、端午の節句でも同じなのですが、初節句では、母方の実家から男児であれば、鯉のぼりや鎧兜が贈られ、女児であれば、ひな人形が贈られます。

最近では、鯉のぼりを飾れる庭や七段飾りのひな人形を飾れる家は少ないということから、その住宅事情に合った物を贈るということが多いです。

こうしたお祝いを頂いた場合は、お返しの仕方やマナーがあります。

基本的には、初節句でのお祝いにお返しはしない、必要ないということだそうです。

お祝いの席を設ける場合は、招待するということでお返しをしたという扱いになります。

しかし、桃の節句で、豪華なひな人形を贈られたときは、お祝いの席に招待する以外にお返しとして、赤飯や紅白の砂糖にお礼状を添えてお返しを贈るのが良いそうです。

このときに、贈られたひな人形と子供が一緒に写った写真を送るとなお良いそうです。

スポンサーリンク

お返しの時期

初節句で、贈り物を贈られて、相手が祝いの席に出席できないときや遠方にいるという場合などでは、お祝いのお返しを送ったほうが良いとされています。

その送る時期としては、桃の節句であれば、3月中で、端午の節句であれば、5月中が良いそうです。

お返しの金額の相場

初節句では基本的にお返しをしない、必要ないのですが、祝いの席に出席できなかったり、遠方だったりと人それぞれ理由があって、招待を受けることができないというのが考えられますよね。

そうした場合は、お返しをする場合もあります。

お返しの金額としては、お祝いとして頂いた金額の3分の1から半額ほどの品物を贈るのが良いとされているそうです。

お祝いの席でのマナー

初節句をお祝いする席に招待されたときのマナーについてですが、初節句を祝う場ですので、主役は子供ということを理解しておきましょう。

まだ小さな子供ということなので、煙草(タバコ)は吸わないことです。

そして、強い香りがする香水や化粧品もしていかないようにしましょう。

これはマナーよりは、気遣いになりますが、小さな子供がいると分かっている場合は、お菓子やちょっとした玩具を持参すると喜ばれます。

まとめ・感想

  • 桃の節句や端午の節句などの初節句でのお祝いのお返しは基本的に行わない。お祝いの席に招待することがお返しと同等。
  • お祝いの席に出席できない、遠方にいるという場合は、お祝いの金額の3分の1から半額の品物を贈る。
  • ひな人形など高価なものを贈られたときは、赤飯や紅白の砂糖にお礼状と子供の写真を一緒に贈ると喜ばれる。
  • お祝いの席でタバコや匂いの強い香水、化粧品はしない。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。