バレンタインデーにチョコを本命の彼に贈るチョコの渡し方!

Pocket

バレンタインデーにチョコを本命の彼に贈るチョコの渡し方の紹介です。もうすでに付き合っていたり、結婚している旦那さんと片思いでまだ付き合っていないという場合があると思います。今回は、片思いでまだ付き合っていないという場合に義理チョコと勘違いされないチョコの渡し方について紹介していきます。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

バレンタインデーにチョコを本命の彼に贈るチョコの渡し方の紹介です。

2月14日は、日本では女性が好きな男性にチョコレートを渡して愛を告白する日として、今や定着してイベントとなっていますね。

しかし、本命だけではなく、義理チョコもあり、渡した相手が義理だと勘違いされない本命の渡し方を紹介しますよ。

バレンタインとは

バレンタインデーの由来に関しては、諸説あるようですが、有力な説を簡単に説明すると、西暦269年のローマ時代にヴァレンティヌス(バレンタイン)司祭が、ローマ皇帝であるクラウディス2世が兵士の士気を下げるのを防ぐために、兵士の婚姻を禁止していたにも関わらず、秘密で結婚式を行っていた。

やがて、その結婚式のうわさが皇帝の耳に入り、怒りを買うこととなってしまい、皇帝は、ヴァレンティヌスに結婚式をしないように命令をします。

しかし、ヴァレンティヌスは、毅然として皇帝の命令に従わなかったために、最期は処刑されてしまうこととなりました。

処刑されてしまった日が、2月14日で、今のバレンタインデーとなったということだそうです。

バレンタインデー本来の意味は?

バレンタインデーの本来の意味は、上記のようなことになってしまったヴァレンティヌス司祭の殉教の日を『聖バレンタインデー』として敬われるようになったことで、2月14日はバレンタインデーとなったのです。

本命の渡し方

バレンタインデーのチョコレートには、本命だけでなく、義理チョコや友チョコ、強敵(とも)チョコといったものがあり、渡した相手に義理チョコなどと勘違いされないように渡さなければいけなません。

では、どうやって渡せば勘違いされずに渡すことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

まずは、二人っきりで渡すようにしましょう。

多くの人が回りにいるような場で渡しても本気とは受け取ってくれることはありません。

多くの人が見ていない、二人っきりであれば、相手も本命チョコを意識することは間違いないでしょう。

男性に渡すときの一言

二人っきりになれて、チョコレートを渡す機会があれば、渡すときに一言いって渡します。

この一言を回りくどい言い方や含みを持たせるような言い方をするとダメです。

こういうときは、男性に対してはストレートに『好きです』と気持ちを伝えましょう。

こうすると男性は強くあなたのことを意識します。

でも、ここで注意しなければいけないのが、その場で返事をもらうようなことをするとフラれる可能性があります。

『君のことよく知らないから』とか言われてしまう可能性がありますので、ここでは、すぐに返事をもらうようなことをせず、相手に考える時間を与えるようにしましょう。

例えば、『好きです。お付き合いして下さい。返事はすぐでなくてもいいです。』といった感じで、相手に時間を与えましょう。

男性は、じっくり考えて回答したいと思いますからね。

本命のチョコの相場

本命といっても、もう付き合っている方や旦那さんという場合と片思いで付き合っていないという場合では少々変わってくるでしょうが、本命の予算に関するアンケートの結果から1,000円~3,000円が最も多いということがわかっています。

このことからだいたい本命の予算としては,2,000円が平均になります。

あとは、彼の好みに合わせる形になります。

これでチョコを決めたら、告白ですね。

まとめ・感想

  • 本命へのチョコの渡し方としては、義理チョコと思われないように二人っきりで渡すようにし、渡すときには一言を添えますが、添える言葉はストレートに思いを伝える。そして、その場で付き合ってくれるかの答えを要求せず、相手に考える時間を与えて後日に回答をもらうようにする。
  • 本命チョコの予算としては、1,000円~3,000円が5割以上と最も多いので、平均予算としては、2,000円ほどであとは相手の好みに合わせる。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。