ひな人形の処分・供養の仕方は?こうするんです!

ひな人形の処分・供養の仕方をご存じですか?ひな人形は、女の子の災厄を身代わりに受けてくれるという役割がありますので、ゴミとして処分するのはとても気が引けますよね。それに高価なものですので、ちゃんと供養という形を取りたいと思うのは当たり前だと思います。今回は、そんなひな人形の処分の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

 改めまして、こんにちは。

ひな人形の処分・供養の仕方について、紹介します。

雛人形

ひな人形とは

ひな人形というのは、そのお家に女の子が生まれると用意されるものなのですが、なぜ、用意されるかというと、ひな人形の始まりは、ワラや紙で人形(ひとがた)を作り、体を撫でて厄を移して川に流して厄払いをしていた上巳の節句が始まりと言われています。

貴族階級の女の子が、今で言うおままごとを紙の人形でしていたのが合わさって、今のひな人形の原型ができました。

始まりがこのような形ということで、ひな人形というのは、女の子の災厄を引き受けてくれる御守りという考えがあります。

それに、最初は女雛だけでしたが、仲のよい素晴らしい夫婦になってほしいという親の願いが込められて男雛がついて、セットになりました。

ひな人形の処分の時期は?

ひな人形の処分の時期とは、女の子が成人してお嫁さんに行くまでになりますので、結婚が終わったらひな人形の処分の時期となります。

スポンサーリンク

しかし、結婚して、ひな人形を処分しようと考える人はかなりの少数ではないでしょうか。

それに、ひな人形は思い出の品と言うことで、処分せずに毎年、時期になると飾るという方もいるそうです。

多くの方は、ひな人形を実家に置いているというのが、多いと思います。

スペースがあれば、それでもいいですが、飾られないひな人形というのも、かわいそうだと思いませんか?

しっかりと供養というところまで面倒を見てあげて下さいね。

ひな人形の処分の仕方

ひな人形の処分の仕方ですが、長年、自分の災厄を引き受けてくれたひな人形ですから、感謝の気持ちで送ってあげましょう。

近くの神社や寺院で人形供養をしてもらえると思いますので、そちらへ持って行きましょう。

近くに神社や寺院がないという場合には、日本人形協会が郵送で受け付けてくれるそうです。

高価なひな人形をゴミとして処分するのではなく、人形供養という形で処分するのが、後悔することもなくすっきりすることができると思います。

まとめ・感想

  • ひな人形の処分の仕方は、近くの神社や寺院に持ち込んで人形供養をしてもらうのが、簡単な方法だと思います。しかし、近くに神社や寺院がないという方は、日本人形協会に郵送して供養をしてもらうのがいいでしょう。処分のときは、感謝の気持ちを忘れずにして下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。