卒業式の母親の服装でコサージュの色と位置を紹介!

卒業式の母親の服装でコサージュの色と位置を紹介します。服装は決まったけどなんだか暗い色だけで淋しいからコサージュを付けていこうと考えている方がいると思います。持っているコサージュでいいのか?NGな色とかは?コサージュを付ける正しい位置はあるのか?という方に参考にしていただけるように調べてみました。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

卒業式の母親の服装でコサージュの色と位置を紹介します。

関連記事:中学生の母親が卒業式で失敗しない服装[40代編]

関連記事:中学生の母親が卒業式で失敗しない服装[50代編]

コサージュの色

コサージュの色は、服装がフォーマルで黒やグレーなどの暗い色になると思いますので、明るい色を選ぶのがいいです。

では、具体的にどんな色がいいのでしょうか?

卒業式は、春に行われるので、春という季節感から春色と言われる色を選択します。

春色は、白、サーモンピンク、淡いピンク、オフホワイト、オレンジ系がおすすめです。

薄いピンク色は、桜を連想させるので人気があります。

NGなコサージュの色というのはあるのか?ですが、あるそうです。

卒業式で付けてはいけないコサージュの色は、赤、濃い青、オレンジ、ボルドーといった原色系のコサージュは、卒業式にはふさわしくないとされているそうです。

ビジューなどをあしらったキラキラするコサージュも派手なのでNGとされているそうです。

しかし、これは暗黙のルールで絶対というわけではないそうですが、こう言われると気になりますよね。

関連記事:小学生の母親が卒業式で失敗しない服装[30代編]

関連記事:小学生の母親が卒業式で失敗しない服装[40代編]

コサージュの留め方・付け方・位置

コサージュの留め方・付け方ですが、特に決まりはないそうです。

カッコよく付けるのであれば、左胸の少し上辺りで鎖骨との間くらいに付ける方が多いそうです。

ジャケットに襟があれば襟部分に付けます。

襟がないノーカラージャケットは、身ごろの鎖骨周辺の位置に留めます。

着用している服の生地が薄いため、コサージュがぐらついてしまうときは、布を当てて調整します。

フォーマルを購入したときに付いてくる共布を利用するといいですよ。

関連記事:小学校の卒業式で失敗しない母親の服装選びとは?

コサージュの向き

コサージュの向きについてですが、『茎が下を向く』もしくは『茎が上に向く』とありますが、正しい向きというのはないそうです。

自分で鏡を見ながらコサージュがキレイに見える向きで付けると良いようです。

関連記事:卒園式で失敗しないママの髪型アレンジと服装の選び方とは?

コサージュの紹介

スポンサーリンク

コサージュ cosageの購入はこちらから

ラナンキュラスの購入はこちらから

Luneの購入はこちらから

きらきらラインストーン花フラワー&葉っぱコサージュの購入はこちらから

まとめ・感想

  • 卒業式の母親の服装でコサージュの色と位置を紹介しました。卒業式は、黒やグレーなどの暗い色の服装が多いと思いますので、コサージュの色としては、白、サーモンピンク、淡いピンク、オフホワイト、オレンジ系を選びます。付ける位置としては、左胸の上で鎖骨周辺に自分が良いと思う位置に留めればいいです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。