ひな人形はいつから飾るとよいのか?それをご紹介します!

ひな人形はいつから飾るとよいのか知りませんよね?それをご紹介させていただきます。ひな人形というのは、お子さんの身代わりとなって厄をかぶる役割があります。ただ飾るだけのものではないのですね。こうした意味のある大事なものですので、飾る日というのもあると思いますよね。もちろんありますよ。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

ひな人形はいつから飾るとよいのか?をご紹介します。

ひな人形はいつから飾る?

ひな人形というのは地方によって、習慣が違うということがありますので、ここでは、一般的な3月3日を想定して説明をしていきます。

ひな人形を飾る時期ですが、いつから飾るのがいいかというと、2月3日の節分で豆まきが雛人形を飾ることに重要だったようです。

ひな人形を飾る時期は、『2月4日の立春から3月6日の啓蟄の日まで』だそうです。

節分は、立春の前日で、ここで豆まきをすることで厄を払います。

ひな人形は、厄を払った状態で、飾るという流れがいいのです。

しかし、この日に飾れないという方も多いと思います。

上記でご紹介したのは、ベストなスケジュールですが、現代人は忙しくなかなか飾り付けができないという方もいますよね。

遅くても飾り付けはひな祭りの一週間前までには飾り付けを済ませると良いそうです。

他にも二十四節気の一つである『雨水(うすい)』に飾ると良いとも言われています。

スポンサーリンク

雨水は、毎年2月18日、19日あたりです。

雨水というのは、雪が雨に変わり、氷が溶けてみずになる頃という意味です。

実際には、まだまだ雪が深いところも多く、雪が降り出す地域もありますが、少しずつ溶けて流れ出す雪解け水に春の足音を感じることができます。

ひな人形は、水に関わりがあります。

流し雛がひな人形の始まりと言われています。

関連記事:桃の節句の意味や由来は?子どもに簡単に伝えるには?

雨水にひな人形を飾り始めると良縁に恵まれると言われているそうです。

節分に飾れなかったという家は、雨水に飾って将来の幸せを願うのもいいのではないでしょうか。

ひな人形はいつまで飾る?

ひな人形を片付ける日ですが、3月3日が終わったらさっさと片付けるのもいいですが、最長で飾るとしたら、ひな祭りから2週間が目安と言われています。

片付けるのに適している日が啓蟄の日と言われており、二十四節気の中の一つで、3月6日頃を指しているそうです。

まとめ・感想

  • ひな人形はいつから飾るとよいかというと、2月3日の節分の翌日である立春から、もしくは、2月18日くらいの雨水に飾ると良いと言われています。片付ける日は啓蟄の日で3月6日頃がよいとされていますが、ひな祭りから2週間以内であれば良いと思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。