手首にしこりがあって痛い!もしかしてガングリオンでは?

Pocket

手首にしこりがあって痛い!もしかしてガングリオンでは?ガングリオンってすごい名前だと思いませんか?ロボットアニメのタイトルみたいですよね。でも、これは手首などにできるコブのようなものの名前で、若い女性がなりやすいそうです。小さなコブですが、気になりますよね。そんなガングリオンを解説していきます。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

手首のシコリはもしかしたらガングリオンかもしれません。

ガングリオンについて詳しく解説します。

ガングリオンは若い女性に多い

ガングリオンというのは、下の絵を見ていただくとわかりやすいと思いますが、手首などの関節にゼリー状の腫瘤(しゅりゅう)が詰まったものになります。

引用:日本整形外科学会

手関節には、関節包(関節を包む袋)に腫瘤が詰まってガングリオンになります。

整形外科では珍しい病気ではないそうなので、安心してください。

よく若い女性がガングリオンになるそうですが、原因はまだわかっていません。

ガングリオンは怖い病気ではない

ガングリオンはそれほど怖い病気ではなく、手首の腫瘤といっても良性なので、痛くなければそれほど心配することはないそうですが、ガングリオンの場所によっては、神経を圧迫することになり、しびれや痛み、運動麻痺を引き起こすことがあるそうです。

スポンサーリンク

症状としては、関節液や腱と腱鞘の潤滑油である滑液がガングリオンになる袋に入り、だんだんと滑液が濃くなってゼリー状となっていくそうです。

多くの症例は、滑液がゼリー状となり、関節包にできるのですが、他にもガングリオンは、体中のいたるところに生じるそうです。

骨や筋肉、神経にもガングリオンはできるそうで、この場合は、滑液ではなく、粘液が変性し融合したものと現在は考えられているそうです。

ガングリオンの治療法

ガングリオンは、良性の腫瘤で無症状であれば、放置していても心配はないそうです。

ただ、診断をしてもらうためには、整形外科を受診する必要があります。

ガングリオンの治療法ですが、

  • 注射器で腫瘤の中身を抜く
  • 手術して患部を切除する
  • 患部に圧力を加えて潰す

上記の3つの方法があります。

しかし、この治療法で注射器と圧力を加える方法は再発する可能性があります。

ガングリオンかもと思ったら医師の診断を受けましょう。

まとめ・感想

  • ガングリオンとは、手首などの関節包に滑液が入り、ゼリー状となった良性の腫瘤です。無症状であれば、放置していても問題はありません。大きくなったり、痛み・しびれがあれば、整形外科を受診し、治療を受けて下さい。治療法は、強く押して潰す方法と注射器を使用して吸引する方法があり、再発を繰り返してしまう場合は、最終的には手術でガングリオンを摘出します。気になる場合は、注射器による吸引治療が良いと思いますが再発する可能性があることは理解しておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。