生理痛がひどい時の対処法は?症状によっては要注意!

生理痛がひどい時の対処法は?症状によっては要注意です。女性にとって生理というのは、悩みの一つですよね。生理痛と一言で言ってもその症状は千差万別で、重い症状の方はつらくてしょうがないと思います。女性の1/3は重い生理痛をされているそうで、痛すぎる生理は病気の可能性もあり、対処法や予防法を紹介します。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

生理痛がひどい時の対処法や症状によっては要注意、病気の可能性があります。

病気やその対処法、予防法をご紹介していきます。

重い生理痛の原因は?

生理痛の原因は、プロスタグランジンという物質が原因と言われています。

このプロスタグランジンとはどういう働きをするのか?

それは、子宮の収縮を促す働きを持っていて、子宮が収縮されることで子宮内膜が剥がれていき、体外に排出されるというものです。

重い生理痛というのは、このプロスタグランジンが多く分泌されて子宮の収縮が激しく強い痛みとなって現れることです。

重い生理痛ですと日常生活に支障をきたすほどで女性の3割~4割の方が、重い生理痛で悩んでいるそうです。

こうした症状には注意!

生理痛は、女性であれば経験があるので単なる生理痛とお思いになると思いますが、次のような症状のときは単なる生理痛と思わずに病院に行って診察を受けてみた方が良いそうです。

  • 生理痛の痛みが学校や会社を休まなければいけない
  • 腰が重く感じて動くことが出来ない、または、動けるがものすごくゆっくり
  • 頭痛や不快感
  • 体が冷える
  • 嘔吐や下痢をしてしまい、満足に食事ができない

ひどい生理痛の病気とは?

生理痛を経験している女性であれば、生理痛くらいで病院に行くというのは考えないかもしれません。

我慢してやり過ごそうという方もいると思いますが、生理痛と思っていたら別の病気だったというのは珍しくないそうです。

生理痛と似ている病気は次のがあります。

  • 腹膜炎(ふくまくえん)
    腹膜炎は、腹膜に細菌が感染して起きる症状で、腹部の痛みや吐き気、嘔吐などの症状が出ます。

  • 卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)
    卵巣内に液状のものが溜まってしまうことで、下腹部に痛みや出血などが起こる症状です。卵巣内に溜まったものによって、良性・悪性・境界悪性(中間)の3つに分かれます。

  • 子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)
    子宮内膜症というのは、子宮内にしかできない膜が、卵巣や腹膜といった他の臓器で増殖して、剥離してしまうということで激しい痛みや炎症などを引き起こす症状です。

    スポンサーリンク

  • 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)
    子宮筋腫は、良性の腫瘍が子宮内で出来てしまい、小さいうちは良性なので大丈夫ですが、大きくなってくると生理の経血量が増え、生理痛が強くなるといった症状が出ます。

生理痛を緩和する方法

生理痛がひどくて困るという方には、その緩和する方法をご紹介します。

生理痛を緩和する方法としては、体を温めることです。

体を温めることは生理痛の緩和に効果があります。

女性の多くの方が生理中はお風呂には入らずにシャワーで済ませてしまうという方が多いと思います。

シャワーですと体が温まらないので、生理痛を緩和することが出来ません。

生理中でもできれば湯船に浸かってしっかりと体を温めると痛みを緩和することが出来ます。

しかし、どうしても湯船には浸かれないという場合はどうしたらいいのか?

どうしても湯船には浸かれないというときは、足湯をしてください。

足湯をすることで体を温めることが出来ますので、痛みの緩和に役立ちます。

生理痛が緩和されないときは

生理痛で体を温めたが痛みが緩和されないというときは、病院へ行って診察を受けましょう。

他の病気という可能性がありますので、病気なのか確認することが大切です。

病気でなければ、生理痛を緩和するお薬を処方してもらうことが出来ます。

病院で受診するなら婦人科になります。

婦人科の医師の診断を受けて、病気であれば早期治療をしましょう。

生理痛の予防法

ひどい生理痛を少しでも緩和・予防するための方法をご紹介します。

  1. 適度な運動
    適度な運動は、主に足などの下半身に適度な筋肉をつけることが目的です。筋肉をつけると熱の生産量が増えるので、冷え性を防ぎ、血流が良くなります。足の血液を心臓まで上げるには足の筋肉がポンプの役割をしますので、足の筋肉は重要です。

  2. 体を温める食事
    体を冷やすことが良くないので、食事の内容も体を温めるように意識して摂るようにしましょう。血流が良くなる食べ物を意識することも大切です。砂糖は体を冷やす効果があるので、甘いものは食べすぎないように気をつけて、さつまいもなどのイモ類で糖分を補給しましょう。

  3. タバコは吸わない
    血流が悪くなるのは生理痛をひどくしますので、タバコは絶対にやめましょう。生理痛を重くするだけです。

まとめ・感想

  • 生理痛の原因は、プロスタグランジンの分泌で、ひどい生理痛は、プロスタグランジンの分泌量が多くなるからです。痛みを緩和する方法は、体を温めることで、お風呂に入ることが一番いいですが、入れないというときは足湯で温めてください。痛みが緩和されないときは、病気の可能性がありますので、婦人科で診察を受けて確認しましょう。
  • 生理痛の予防法は、適度な運動、温める食事、タバコを吸わないです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。