入学祝いのお返しのマナーとお返しの相場について

入学祝いのお返しのマナーとお返しの相場についてです。ご家族や親戚、親しい友達から子どもの入学祝いをいただいたということありますよね。いただいた物はお返しすることが多いですが、今回もお返しの必要があるのか?どんなマナーがあり、お返しの相場はどのくらいなのか?気になりますよね。このあたりを調べてみました。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

春というと入学シーズンですね!小学、中学、高校、大学とそれぞれ始まっていきますよね。

子どもが入学すると親戚や知り合いから入学祝いを頂く機会がありますが、この入学祝いのお返しやマナーについてどう対応したらいいのかわからない方が多いそうです。

第一子が小学生になるときは、経験がありませんのでわかりませんよね。

そこで、入学祝いのお返しのマナーとお返しの相場について調べてみました。

入学祝いのお返しのマナー

お礼の仕方

入学祝いを頂いたらお礼をしましょうね。

小学一年生であっても入学祝いを頂いたら本人が頂いた方に直接お礼をするのがいいでしょう。

お礼の仕方ですが、電話で入学祝いを受け取ったことを伝え、『ありがとうございます。』と感謝の言葉を述べます。

入学した後に手紙やはがきで入学した報告と写真を同封すると相手は喜んでくれますよ。

お返しの時期・タイミング

入学祝いのお返しのタイミングですが、そもそも、入学祝いにお返しは必要ないそうです。

理由は、『入学祝いを渡した相手が学生で経済能力がない子供ということからお返しをすることが出来ない』というのが理由です。

でも、頂いた相手が親戚からですと、お返しが必要な場合もあります。

その場合は、頂いてから1ヶ月以内にお返しをするのがマナーです。

贈ったことも忘れるくらい後にお返しをするのはマナー違反という調査結果もありますので、頂いたら早めにお返しをするようにしましょう。

入学祝いのお返しの相場

入学祝いというのが、小学生と大学生となると金額に差があると思いますが、相場としては1万円くらいだと言われています。

入学祝いのお返しの相場は、頂いた金額の半分から3分の1くらいの金額とされていることから3000円~5000円くらいの品物をお返しにすると良いと思います。

相手に贈る品物に困るという方には、カタログギフトが良いでしょう。

もしくは、ギフト券、ギフトカードもいいと思います。

甘いものが好きな方には、グルメギフトのカタログもありますよ。

スポンサーリンク

お返しの品のオススメ紹介

カタログギフトの購入はこちらから

カタログギフトの購入はこちらから

まとめ・感想

  • 入学祝いのお返しのマナーとお返しの相場ですが、入学祝いを頂いたら相手によりますがお返しをする必要はありません。お返しをする必要があるという場合は、頂いた金額の半分から3分の1くらいの金額でカタログギフトを贈る。頂いた日から1ヶ月以内にお返しをするようにしましょう。忘れたころに届いても相手が困惑してしまいますからね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。