花粉症で目がかゆい!そんなときにおすすめの目薬を紹介!

花粉症で目がかゆい!そんなときにおすすめの目薬を紹介します。花粉症は今や国民病とも言われるほどですよね。花粉症は、目や鼻の粘膜に花粉が付着することでアレルギー症状を引き起こします。アレルギーなので症状には個人差があり、ひどい場合は頭痛など痛みや倦怠感と言った症状で会社や学校を休む場合もあります。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

花粉症で目がかゆい!そんなときにおすすめの目薬を紹介します。

花粉症で目がかゆいときには、アレルギー専用の目薬を使用しなければ、かゆみは抑えることが出来ません。

『目がかゆいなぁ』と思ったら花粉症かもしれませんよ。

花粉症

眼科医は市販の目薬は使わない?

眼科医は市販の目薬は使用しないそうです。

理由は『防腐剤が入っているから』ということだそうです。

防腐剤というのは、使用期限を延ばしてくれるものなのですが、目に良いかというと良くありません。

病院の目薬の使用期限は、開封して1週間~2週間くらいです。

市販の目薬は、開封して1ヶ月位は使用できます。

このように防腐剤が市販の目薬には使用されています。

眼科医が市販の目薬を使用しない最大の理由は、防腐剤が入っているからなのです。

防腐剤が入っているとどうなるのかというと視力の低下が起きます。

1度や2度くらい使っただけでは影響はありませんが、何年も使用すると視力低下をします。

防腐剤が入っている目薬を使用すると眼の一番外側にある角膜を傷つけてしまうそうです。

角膜に傷をつける規模が小さいのですが、繰り返し使用すると角膜に確実にダメージを蓄積させてしまいます。

病院で処方された目薬は涙に近い成分で構成されていますので、使用してもしみるといった感じにはなりません。

しかし、防腐剤が入っている目薬は目がしみるのです。

これはおそらく防腐剤による違いだと思います。

こうした話を聞くと防腐剤がはいっていない目薬がいいと思いますよね。

そこで防腐剤が入っていない目薬を紹介します。

花粉症におすすめの目薬紹介

アイリスCL-Iネオ(大正製薬)

アイリス CL-I ネオの購入はこちらから

防腐剤が使用されていない安全な使い切りタイプの目薬になります。これはコンタクトを使用したままでも使用することができるので、手間がかかりません。用途は、花粉症に限らずに目の充血などの炎症全般で効果があります。

ノアールワンティア-α(佐藤製薬)

ノアールワンティアαの購入はこちらから

花粉症の目のかゆみを抑え、パソコンやスマホなどの目の疲れやドライアイにも使用することが出来ます。これもコンタクトを使用したまま点眼が出来ますので、手間がかかりません。こちらも防腐剤は使用されていませんので安心して使用できます。

スポンサーリンク

ソフトサンティア(武田製薬)

ソフトサンティアの購入はこちらから

花粉症により炎症が起こると目の涙が出る器官がうまく作動しなくなってしまい、目に異物感やかゆみ、充血という症状が起こります。この目薬は涙に近い成分で作られているので、目にしみることがありません。

アイリスAGユニット(大正製薬)

アイリスAG ユニットの購入はこちらから

こちらの目薬も防腐剤は使用されていません。それに目を保護するための栄養分も含まれており、抗炎症作用の成分も入っているのでとても目に良い目薬となっております。

ロート抗菌目薬i(ロート製薬)

ロート 抗菌目薬 iの購入はこちらから

この目薬は、花粉症で目にものもらいが出来たときに使用することが出来ます。目の周りにできたものもらいに効果があり、結膜炎全般に炎症を抑える効果が期待できるそうです。この目薬は、アレルギー性結膜炎だけでなく、ハウスダストやダニでも効果が来てます。

抗菌アイリス使いきり(大正製薬)

抗菌アイリスの購入はこちらから

この目薬は、花粉症で炎症してしまい、目が細菌に感染してしまったときに特に有効です。他の目薬と比べると殺菌作用のある成分が多く配合されておりますので、細菌に感染してしまったときはこの目薬を使用すればいいでしょう。

まとめ・感想

  • 花粉症のときに使用するおすすめの目薬を紹介させて頂きました。目薬に入っている防腐剤が実は目を悪くしてしまう原因だったことを知ることが出来ました。こうしたことを知ると防腐剤が入っていない目薬を探したくなりますよね。そこで、市販で防腐剤を使用していない花粉症で使用できる目薬を紹介させて頂きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。