胃が痛い時に効果のある食べ物と飲み物を紹介します!

胃が痛い時に効果のある食べ物と飲み物を紹介します!胃が痛い時は食べたくないと思いますよね。胃酸が出すぎてしまい胃の粘膜に炎症が起きている状態なので、食べない方が痛みを悪化させてしまうと言われています。そこで、胃が痛い時に効果のある食べ物と飲み物を調べてみました。胃が痛くても食べられるものを紹介します。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

胃が痛い時に効果のある食べ物と飲み物を紹介します。

急に胃が痛い時や慢性的に胃が痛いに対処するのに薬を飲む以外に胃に優しい、消化の良い食事をすることがいいそうです。

胃が痛い時は効果的な食事を摂ることで、胃に負担をかけず、痛みを改善していくことができます。

腹痛

胃に負担をかけない食べ物の条件

胃が痛い時に胃に負担をかけない食べ物としては、どういうものがいいのかその条件・選択基準はどうなのでしょうか。

  • 胃腸を荒らさない食べ物
  • 胃に留まる時間が短い食べ物
  • 食物繊維が少ない食べ物

この3つの条件が胃に負担をかけない食べ物の条件になります。

胃に負担をかけない食べ物

うどん

うどん

うどんの麺は、小麦粉から作られ、ご飯と同じ炭水化物になります。

痛いときは、うどんをよく煮て柔らかくしてから食べます。

おかゆ

おかゆ

ご飯に水を足して煮たおかゆは、体調が悪いときはよく食べられていると思います。

胃腸の調子が悪いときは、このおかゆは外せません。

噛まずに食べてしまいがちですが、よく噛んで食べるようにしましょう。

かぶ

かぶにジアスターゼという酵素が含まれており、消化を促してくれるので胃の負担を軽減してくれます。

ジアスターゼは熱に弱いということで生で食べるのがよいそうですが、胃が痛い時は、蒸したり、茹でたりして柔らかくしてから食べるようにしましょう。

キャベツ

キャベツには、ビタミンUが含まれており、胃の粘膜を保護してくれたり、血流の促進効果で胃の痛みを改善する効果があると言われています。

食パン

食パン

食パンは、固い耳の部分は避けて、白いところを食べるようにしましょう。

米もうどんも無いというときは、食パンがいいですよ。

白身魚

白身魚にはタンパク質が多く含まれています。

それに白身魚は身がやわらかいので胃が痛い時に食べやすい食べ物になります。

大根

大根

大根は、かぶとおなじくジアスターゼが含まれています。

しかし、大根には辛味成分が含まれているので、胃が刺激されるので加熱して食べるようにしましょう。

たまご

たまごには、ビタミン、ミネラルやタンパク質などの栄養素が豊富に含まれています。

食べ方としては、生ではなく半熟くらいに火を通すのがよいでしょう。

茶碗蒸し

茶碗蒸し

スポンサーリンク

たまごを使用して作られた茶碗蒸しは、温かいので胃に負担をかけない食べ物です。

にゅうめん

にゅうめん

にゅうめんとは、そうめんを煮たうどんに似た食べ物です。

夏にはそうめんで食べますが、胃が痛い時は温めて食べるといいでしょう。

バナナ

バナナには、糖質やタンパク質が多く、食べてすぐにエネルギーに変わるということでスポーツ選手もよく食べています。

胃が痛い時に一度に多く食べると冷やしてしまうので、少しずつ食べるようにしましょう。

山芋

山芋にはムチンと呼ばれる粘膜保護作用と、消化酵素のアミラーゼが含まれており、胃の調子を整えると言われています。

湯豆腐

大豆には、植物性のタンパク質が豊富に含まれていて、豆腐は、胃が痛い時に食べると良い食べ物です。

胃が痛い時には、体を温める湯豆腐で血液のめぐりをよくし、胃を回復させるためおすすめです。

レンコン

レンコンには、ムチンと呼ばれる粘膜保護作用が含まれるので胃酸が出すぎて荒れた胃の粘膜を修復し、痛みを緩和してくれる作用があると言われています。

胃に負担をかけない調理方法

胃に負担をかけない調理方法としては、できるだけ細かく切ること、柔らかくなるまで火を通すことです。

スープやおかゆがおすすめです。

ミキサーをお持ちであれば、ミキサーでポタージュスープなどもいいですよ。

野菜は生で食べると体を冷やしたり、食物繊維で消化が悪かったりしますので、火を通して消化しやすくすると良いです。

胃に負担をかけない飲み物

ホットミルク

牛乳は胃に負担がかからないだけでなく、胃液の酸性度を抑えたり、胃壁を保護してくれる作用があるのでおすすめです。

温めてホットミルクにして食間に飲むと食べやすいですよ。

胃が痛い時に食べてはいけないもの

胃酸が出すぎて胃の粘膜に炎症が起きている状態なので、胃酸の分泌を促したり、胃の粘膜を直接刺激する食材は避けるようにしましょう。

レモンなどの柑橘類

レモンなどの柑橘類は酸味が強く、胃酸の分泌を促してしまう食べ物なので、できるだけ避けるようにしましょう。

胃が痛い時に胃酸を増やしてしまうと悪化してしまいます。

コーヒーや濃い緑茶

コーヒーや濃い緑茶のようにカフェインを含む飲み物は、胃酸の分泌を促してしまいますので、胃が痛い時はカフェインの入った飲み物などは摂らないようにしましょう。

脂肪分の多い肉類

豚バラブロック

脂の少ないもも肉やヒレ肉は、胃が痛い時でもおすすめの食べ物なのですが、逆に脂が多いバラ肉やひき肉は消化が悪いので胃に負担をかけてしまいます。

ハムやソーセージも脂が多いので胃が痛い時は避けるようにしましょう。

更に悪化する可能性があります。

まとめ・感想

  • 胃が痛い時に効果のある食べ物と飲み物を紹介しました。胃が痛いというときは、消化の良いものを食べるようにし、消化が悪いものや胃液を促進するような食材は避けるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。