母の日のカーネーションの花言葉は?母の日の由来を紹介!

母の日のカーネーションの花言葉は?母の日の由来を紹介します。5月の第2日曜日は母の日で、毎年、プレゼントをされている方もいると思いますが、この母の日というのはどうして始まったのか、ご存じですか?母の日にカーネーションを贈りますが、なぜ、カーネーションなのでしょうね。こうした理由について紹介します。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

母の日のカーネーションの花言葉は?母の日の由来を紹介します。

5月の第2日曜日は、『母の日』です。

日頃の感謝の気持ちをメッセージと一緒にプレゼントを渡している、という方は多いと思います。

男性は、『恥ずかしくてそんなこと出来ない』という方もいるかもしれませんが、お母さんの立場からはどんなものでも贈られると嬉しいものです。

そもそも、母の日とはどうしてあるのか?由来については詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな感謝する日である『母の日』についてご紹介します。

母の日

母の日の始まり

母の日の始まりというのは、1905年のアメリカ、フィラデルフィアから始まりました。

当時、少女だったアンナ・ジャービスの母が亡くなったときに、生前、母に感謝する日が必要だと活動しました。

そして、アンナのこの活動がアメリカ全土に広がっていき、1914年の当時の大統領が『5月の第2日曜日を母の日にする』と制定したのです。

この日を母に感謝する日となったのです。

カーネーションの花言葉は?

母の日といえば、カーネーションですが、なぜ、カーネーションを贈るのでしょうか?

それは、アンナの母が生前、白いカーネーションが好きでアンナが祭壇に飾ったことから、カーネーションを贈るようになったそうです。

母が他界しているときに贈るのが白いカーネーション、存命しているときに贈るのが赤いカーネーションを贈ります。

そんなカーネーションの花言葉ですが、前まではカーネーションというと赤がほとんどでしたが、最近は、赤以外にも色が増えました。

中には七色のカーネーションもあります。

スポンサーリンク

今年は、花言葉でカーネーションの色を決めるのもいいかもしれませんよ。

花言葉は、

  • レインボーカーネーション・・・『感謝
  • ピンクのカーネーション・・・『感謝、美しい仕草、上品、気品
  • 青のカーネーション・・・『永遠の幸福
  • 赤のカーネーション・・・『母の愛、愛を信じる、熱烈な愛
  • オレンジのカーネーション・・・『純粋な愛、清らかな慕情
  • 紫のカーネーション・・・『誇り、気品

上記の色は母の日に贈っていい花ですが、黄色のカーネーションはやめましょう。

黄色のカーネーションの花言葉は、『軽蔑、嫉妬』です。

黄色のカーネーションだけは贈るのをやめましょう。

母の日におすすめの花

母の日に贈る花といえば、カーネーションですが、カーネーション以外にも母の日に贈るのに適した花はあります。

ここでは、カーネーション以外の花を贈りたいという方におすすめの花を紹介します。

コチョウラン

コチョウランの花言葉は、『幸せが飛んでくる』。

花としては、高価なイメージがあると思いますが、最近は、購入しやすくなってきています。

鉢で買うことができるようになってきました。

花束にすると予算に合わせて購入しやすいですので、お花屋さんと相談しながら決めるといいと思います。

ダリア

ダリアの花言葉は、『感謝』。

結婚式のときに両親へよく花束にして贈られる花の一つですが、母の日に贈っても良い花ですね。

まとめ・感想

  • 母の日のカーネーションの花言葉は?母の日の由来を紹介しました。母の日は、アメリカから始まったのですね。1905年からなので110年以上も前からということで、歴史のある日ということがわかりますね。あなたはどうお感じになられましたか?感謝の気持ちを伝えることはとてもいいことだと思います。ぜひ、母の日にお母さんへ感謝を伝えてあげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。