ぎっくり腰の原因はストレスかもしれない!?その対策は?

ぎっくり腰の原因はストレスかもしれない!?その対策について紹介します。ぎっくり腰は突然にやってきますよね。私にも経験があるのですが、腰が痛くなると大変なんですよ。横になって寝ていても痛いので、どうにかしてこの腰の痛みを取りたい!と思いましたね。そんなぎっくり腰の原因と対策方法を調べてみました。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

ぎっくり腰の原因はストレスかもしれない!?その対策について紹介します。

ぎっくり腰の原因としてストレスがあげられるそうです。

ストレスを感じると自律神経の働きが乱れ、血管が収縮してしまい血行が悪くなるので、結果的にぎっくり腰になるそうです。

ぎっくり腰の根本原因であるストレスを解消すれば、ぎっくり腰になる確率も下がりそうです。

おすすめ記事:ガングリオンとは何ですか?症状や原因を教えます。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因ですが、先のようにストレスです。

ぎっくり腰の別名は、『急性腰痛症』といいます。

もう一方に常に腰に負担がかかって急性ではなく慢性的ものもあります。

腰には毎日、負担が・・・

運送業者のように毎日、重いものを持ったり、オフィスで同じ姿勢をしてデスクワークをしている人などは、腰に毎日負担がかかって腰の筋肉に疲労が溜まった生活をしています。

ストレスを解消していれば、自律神経が働いて、寝ているときに腰の筋肉に溜った疲労は解消されて、ぎっくり腰になることはないでしょうが、ストレスを溜めていると筋肉の疲労が解消されず、腰の疲労の容量が一定を超えた瞬間に物を持ち上げた瞬間などでぎっくり腰になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

体の骨が歪んで・・・

体の骨が歪んで、体に歪みがあると全身の筋肉のバランスが崩れている状態なので、極端に負荷がかかっているところと負荷がかからないところが出てきて、バランスが悪く腰に疲労が溜まってぎっくり腰を引き起こすことがあります。

体が冷えると・・・

体が冷える、冷え性な人は、体温が高い人に比べると筋肉が硬く、柔軟性に欠けるので、そんな状態で腰に負担がかかったらぎっくり腰になりやすいです。

偏食すると・・・

バランスの取れていない食事をしていると、腰に栄養がちゃんといかずに疲労が溜まって、あるとき重いものを持ったときにぎっくり腰になってしまいます。

寝不足は・・・

睡眠時間中に腰だけでなく、全身の筋肉は疲れを取っています。

睡眠時間が短いと筋肉の疲れが取り切れないので、徐々に筋肉に疲れが溜まって、何かを持ち上げたときにぎっくり腰を引き起こす場合があります。

睡眠不足は、ストレスにつながりますので、よく寝るようにしましょう。

ぎっくり腰になったときの対処法

もし、ぎっくり腰になってしまったら、その時の対処法です。

ぎっくり腰で全く動けないという状態であれば、少し動ける状態になるまで安静にしていましょう。

少し動けるようになったら、動画の応急処置を参考にしてやってみてください。

まとめ・感想

  • ぎっくり腰の原因はストレスかもしれない!?その対策について紹介しました。ストレスが原因でぎっくり腰だけでなく、いろいろな病気を引き起こします。ストレスをためない生活を心がけるようにしたいですね。そのためには、バランスの取れた食事や睡眠はとても大事ですので、食事や睡眠は気をつけていきましょう。そして、健康に人生を楽しみましょう。もし、ぎっくり腰になったら動画の簡単ストレッチをして応急処置をしましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。