花粉症つらい!その症状で咳・たん・のどの痛みを止める対処方法

Pocket

花粉症つらい!その症状で咳・たん・のどの痛みを止める対処方法を紹介します。花粉症といえば鼻水・鼻づまり・目のかゆみですよね。でも、なぜ花粉症で咳・たん・のどの痛みにつながるのでしょう。その原因は、鼻水にあるようです。花粉が収まれば徐々に症状も改善されますが、酷ければ病院へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

花粉症つらい!その症状で咳・たん・のどの痛みを止める対処方法を紹介します。

花粉症には、鼻水・鼻づまり・目のかゆみが原因で、目をこすりすぎてしまって結膜炎になってしまったり、寝ているときに鼻がつまってしまい、口の中が乾燥してしまったり、頭痛になったり、寝不足になったり、ひどいとうつになってしまう方もいるそうです。

たかが花粉症と思わずにつらい症状であれば、病院へ行き適切な治療をすることが大切です。

病院へ行くことができないという方のために、つらい花粉症を少しでも緩和できる方法を紹介します。

せき

花粉症による咳・たん・のどの痛みの原因

花粉症による咳・たん・のどの痛みの原因は、ズバリ!鼻水です。

花粉が飛散している時期は、花粉が鼻から侵入し、粘膜に付着します。

付着すると体が反応するわけですが、これがアレルギー反応で自己免疫が体の外へ花粉を追い出そうとしているわけです。

追い出そうとするため鼻水がたくさん出てくるのですが、この鼻水をよくすすっている方がいますが、鼻水がのどにいってしまうとたんを誘発することになります。

このことを後鼻漏と言うそうです。

スポンサーリンク

のどの場合は、後鼻漏でのどにたんが溜まってしまったために、たんを押し出そうと咳き込むことでのどを痛めてしまって痛みが出たり、のどに炎症が起きてしまったり、鼻がつまってしまって口呼吸をすることでのどが乾燥してしまって、粘膜が壊れてしまったり、口から侵入した花粉にのどの粘膜に付着してアレルギー反応を引き起こしている可能性も考えられます。

咳・たん・のどの痛みの止め方

咳・たん

花粉症による咳・たんの止め方は、乾燥を防ぐことが大切です。

加湿器を使用したり、のど飴をなめたり、のどスプレーを使用したり、マスクを着用することで乾燥を防ぎ、のどを保湿することが出来ます。

水分もこまめに取るようにするといいですよ。

外から帰ったら、うがいをするようにしましょう。

そして、水を飲むようにするのですが、5分毎に口に含む程度で口の中が保湿され、鼻水・鼻づまりも解消できるそうですよ。

のどの痛み

のどの痛みの原因も乾燥によるものだそうです。

まずは乾燥対策で、咳・たんのときと同じように加湿器やマスクは必要です。

外から帰ったらうがいというのも同じです。

まとめ・感想

  • 花粉症つらい!その症状で咳・たん・のどの痛みを止める対処方法を紹介しました。咳・たん・のどの痛みに対処する方法は、のどの乾燥対策が必要です。のど飴をなめる、加湿器やのどスプレー、マスクの着用でのどの乾燥を防ぐことで、花粉症で起こる咳・たん・のどの痛みを止めることができますので、ぜひ、活用してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。