疲れ目の予防法や眼精疲労の頭痛や肩こり、首こりの解消法を紹介

疲れ目の予防法や眼精疲労の頭痛や肩こり、首こりの解消法を紹介します。スマートフォンが登場して以来、より目を酷使するようになり、目に疲れを感じやすくなっています。疲れ目が酷くなると眼精疲労に進行してしまいますので、眼精疲労になる前に疲れ目の段階から予防し、眼精疲労になっても解消法で解決しましょう。

スポンサーリンク

改めまして、こんにちは。

現代人は、スマホやパソコン、テレビといった画面を見る機会が多いと思います。

そうなると、目に負担がかかります。

目に負担がかかると、疲れ目になり、重症化すると眼精疲労になります。

眼精疲労になると目以外のところにも様々な症状が出てきます。

疲れ目の段階で、生活習慣の改善で予防対策をしておきましょう。

目の健康サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

疲れ目と眼精疲労の違い

ここで言っている疲れ目というのは、『眼疲労』のことをいいます。

眼疲労』と『眼精疲労』の違いについて解説をします。

この2つの違いは、症状の重さの違いです。

眼疲労』は軽度の症状のとき、『眼精疲労』は重度の症状のときにいいます。

眼疲労』は、一時的な目の疲れで、この疲れは、一晩寝るといった睡眠を取ることで解消される程度のことを眼疲労と言います。

眼精疲労』は、頭痛や肩こりといった目以外の場所に症状が出る場合を言います。

疲れ目の予防法

疲れ目の予防法は、十分な睡眠をとるようにすること目の回りを蒸しタオルなどで温めるです。

十分な睡眠をとるようにすることとは、必要な睡眠時間をとり、熟睡することで眼球を休ませる効果があります。

目の回りを蒸しタオルで温めることは、血行を良くすることで、眼球回りの筋肉がほぐれて疲れを取ります。温めたあとに冷やすと更に血行が良くなるそうです。ただし、充血時は悪化することもあるので冷やすといいそうです。

スポンサーリンク

関連記事:年齢別の理想の睡眠時間は?おすすめの快眠アプリを紹介!

パソコン作業時の対策

パソコンは、目に負担を大きくかけます。

目が疲れないように気をつけることで疲れ目を予防することができますよ。

目とディスプレイとの距離は30センチは空けるようにし、目線を少し下げるようにディスプレイを調整します。

パソコンを操作している時は、瞬きの回数が減ることで、目が乾き安くなっていますが、ドライアイにならないように部屋の湿度を調整したり、目薬で目に潤いを与えるようにしましょう。

関連記事:目の疲れを解消するおすすめの食べ物と飲み物を紹介!

眼精疲労の頭痛・肩こり・首こりの解消法

眼精疲労の頭痛・肩こり・首こりの解消法ですが、眼精疲労の予防策をすることで、解消することが出来ます。

自宅や職場でパソコン環境を見直すことから始めましょう。

ディスプレイの位置を自分の目線よりも低いところに置くようにすることで、眼球が空気に触れる面積を小さくすることができるようで、目が乾きにくくなり負担が軽減されるそうです。

椅子に座ったときに猫背にならないようにしましょう。

正しい姿勢をキープできるように椅子は背中にカーブに沿ったものにしましょう。

照明は、白熱灯が目の負担を軽減させるようです。

パソコン作業で休憩は、1時間に1回10分程度は取るようにし、軽いストレッチ指圧などで凝り固まった筋肉の緊張をほぐすようにすると眼精疲労による肩こりや頭痛を防ぐことが出来ます。

目の健康サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 疲れ目の予防法や眼精疲労の頭痛や肩こり、首こりの解消法を紹介しました。疲れ目というのは、眼疲労のことを指していますが、眼精疲労との違いがあったのは、ご存じでしたか?軽度の症状で眼疲労、重度の症状で眼精疲労と呼ばれるのだそうです。疲れ目の段階で予防するようにして、眼精疲労を防いで頭痛や肩こり、首こりにならないようにしましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。