痛風の原因は?痛風の症状には足首周辺にも痛風は起こります!

痛風の原因は?痛風の症状には足首周辺にも痛風は起こります。痛風は、突然に起きる関節炎で、患者の多くが男性で下半身に多く症状が出ています。足の親指付け根が腫れるのが多いようです。突然痛みに襲われますが、前兆がある場合もあり、その前兆を知っていれば、痛風かもと治療をすることができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

痛風の原因は?痛風の症状には足首周辺にも痛風は起こります。

痛風という病名は、風に吹かれただけで痛いということからついた名前で、この病気、実は1960年代以前には日本にはなかった病気で、病気としてはまだ歴史は浅い病気なんですね。

なぜ、昔はなかった病気なのかというと、食生活が変わったからというのが指摘されています。

食材が、動物性タンパク質や動物性脂質を食べるようになったからなんです。

そのため、日本には60万人~96万人の患者がいると言われています。

そんな痛風の原因と症状について調べてみました。

おすすめ記事:ダイエットサプリ!理研のマルチポリフェノールを使ってみた!

痛風の原因とは?

痛風の原因ですが、主に言われているのが食生活、ストレス、急激な運動と言われています。

食生活

痛風は、食生活で美味しいものをたくさん食べているとなりやすいと言われています。

具体的には、血液中の尿酸値が高くなると尿酸が結晶化し、それが関節部に蓄積されていくことで関節炎を引き起こします。

この尿酸値を高くする原因というのが、美味しいものを食べたり、飲んだりすることなんです。

尿酸というのは、細胞にあるプリン体の老廃物と言われています。

通常であれば、プリン体は体内で尿酸となり、尿となって体外に排出されます。

しかし、過剰にプリン体を体内に取り込むと尿酸の量が尿によって排出される量を上回ってしまうと尿酸が結晶化してしまい、関節に蓄積されてしまうのです。

それでは、プリン体を多く含んでいる食材

  • お肉
  • 魚の卵
  • アルコール(特にビールが多い!)
  • レバー

この食材を見て頂くと分かる通り、焼肉にビールは痛風になる近道です。

焼肉にビールは定番ですが、痛風になってしまう鉄板メニューでもあります。

焼肉の食べ過ぎ、ビールの飲み過ぎには十分注意しましょう。

ストレス

痛風は、ストレスが原因という場合が考えられています。

ストレスというのは、自立神経免疫力低下ホルモンのバランスを崩す原因になり、結果として、腎臓の働きが悪くなることで尿酸を体外に排出させにくくさせるということから尿酸値が上がることにつながります。

それにストレスが溜まると暴飲暴食につながってしまうことからもよくありません。

ストレスは溜めるのではなく、適度に発散するように自分なりのストレス発散法を見つけましょう。

スポンサーリンク

急激な運動

痛風になる原因として、急激な運動があります。

適度な運動は、健康によいのですが、激しくなると体に良くありません。

尿酸というのは、激しい運動をすると上がってしまうことがわかっています。

運動をするならウォーキングといった有酸素運動推奨します。

痛風の症状

痛風の足首の症状ですが、痛風とは、尿酸が結晶化して関節に蓄積されて、痛風発作になることはもうご存知だと思いますが、くるぶしのあたりでも痛風発作が起こります。

なぜ、膝から下の関節に尿酸結晶が溜まりやすいのかというと足の親指の付け根やくるぶしの辺りというのは、体温が低くなりやすいところだからなんです。

体温が低いと尿酸が溶けにくいということで、結果、尿酸がナトリウムと結合することで尿酸結晶となり、関節部に溜まってしまうということなんです。

痛風発作は、この尿酸結晶が何かの拍子、例えば、強くぶつけてしまった、急激に尿酸値が変動したと言ったことが起きて、溜まっていた尿酸結晶が剥がれてしまい、剥がれたことで免疫細胞が尿酸結晶を除去しようとして、関節部が赤く腫れ上がる関節炎になり、痛風となります。

痛風の前兆

痛風になる前に前兆を感じる場合がありますので、ご紹介します。

発症する前に痛風となるところで、足の指やくるぶしが『ピリピリ』や『ジーンとうずいたり』、『しびれるような感じ』があったときは、前兆である可能性があります。

前兆が治まって、また前兆が出るを繰り返していくうちに、突然、痛風発作になってしまいます。

こうした前兆を感じたらすぐに受診するようにするか、尿酸値を調べてみましょう。

痛風の対処法

痛風になってしまった時は、横になって患部をできるだけ冷やしましょう。

冷やすことでその部分を麻痺させて痛みを緩和させます。

温めることはしないで下さい。

血行が良くなると余計に痛みが増してしまう可能性があります。

痛風の予防法

痛風を予防する方法としては、尿をアルカリ性にする食品を食べると尿酸値が下がると言われています。

尿酸は、酸というだけあり酸性ですので、アルカリ性のものを体内に取り込むことで、中和することが期待できます。

尿酸が結晶化することを防ぎ、体内に取り込むことができるようになるということなんですね。

アルカリ性にする食材ですが、海藻類、豆類、野菜類、果物類といった日本の昔の食生活でよく食べられていたものを食べると良いでしょう。

おすすめ記事:ダイエットサプリ!理研のマルチポリフェノールを使ってみた!

まとめ・感想

  • 痛風の原因と症状についてですが、最近では、発泡酒やハイボールでプリン体ゼロという商品が発売されていますので、痛風が心配という方は、こうした商品を購入して飲まれるのがいいと思います。ちなみに私は痛風予防のためにプリン体ゼロを好んで飲んでいますよ。健康が一番ですからね、あなたも痛風にならないように気をつけて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。