端午の節句の意味や由来は?鯉のぼり、兜、柏餅、虎の意味は?

Pocket

端午の節句の意味や由来は?鯉のぼり、兜、柏餅、虎の意味をご存知ですか?この端午の節句はどうして出来たのでしょうか?そして、その意味はなんでしょうね。端午の節句に飾られる兜や鯉のぼり、虎の意味も気になりますね。関東では柏餅で、関西ではちまきを食べるのですが、その理由も気になりましたので調べてみました。

スポンサーリンク

端午の節句の意味や由来は?鯉のぼり、兜、柏餅、虎の意味は?についてです。

端午の節句というと5月5日のこどもの日を想像すると思います。

ちなみに5月5日の『こどもの日』というのは、1948年に制定され、『子どもの人格を重んじ、子どもの幸福を図るとともに、母に感謝する』というのが主旨だそうです。

端午の節句というのは、日本の伝統的な式日である五節句の一つで、江戸時代に法制化され武士だけなく庶民にも広まっていったそうです。

そんな端午の節句とはどういったものなのか調べてみました。

端午の節句とは?

端午の節句が五節句の一つというのは、日本では歴史が古く奈良時代から伝わっている風習です。

端午というのは、端午が月の始めで午が午(うま)の日ということで、端午は5月を表す言葉ではありません。

午(うま)の干支が5月に当たるということから5月に定着していったそうです。

しかし、午(ご)というのが五(ご)に通じるということから5日を指すようになり、5が重なる5月5日を端午の節句と呼ばれるようになりました。

このことと中国の端午が結びつき、端午の節句となっていきました。

鎌倉時代に入るとだんだんと端午の節句が廃れてきました。

しかし、武士の中では菖蒲が尚武と同じ読み方をするということから武士の間では縁起が良いということで行われるようになり、江戸時代では、幕府が端午の節句を公的な行事として定めました。

このことが武士だけでなく庶民にも広く普及していくことになります。

端午の節句の意味は?

端午の節句の意味ですが、もともとは中国から伝わった端午ですが、日本では端午の節句では、邪気を祓うために菖蒲を飾ったり菖蒲酒を飲むといったことを行っています。

中国では昔から旧暦の5月の時期に病気で亡くなることが多かったようで、5月は良くない月で5月5日はそんな5を重ねてしまうということで、良くない日として厄除けや健康祈願をします。

端午の節句の意味としては、子どもに病気や怪我をさせないように厄除けをするといったところではないでしょうか。

鯉のぼり、兜、柏餅、虎の意味は?

鯉のぼり

端午の節句で飾られる鯉のぼりですが、始まったのは江戸時代に江戸城で将軍の子どもが生まれたときにのぼりを立ててお祝いしたことが始まりのようです。

そして、武士の家で男の子が生まれるとのぼりを立てて祝います。

スポンサーリンク

次第に庶民の間にも広まっていき、武士よりも身分は低いが庶民でも商人は経済力を持っている人がいますので、『武士に負けていられない』とばかりにのぼりを立て始めます。

このときは、まだ鯉のぼりではなかったそうです。

その後、庶民の間で中国の鯉の滝登りが伝わり、鯉の滝登りをイメージして、のぼりに鯉をかいて、端午の節句で祝い出しのが鯉のぼりの最初だと言われています。

鯉には、恋敵をのぼり、滝になって転にのバッタという逸話があり、『子どもに立派になってほしい』という意味が込められています。

兜や鎧を端午の節句では飾りますが、どういった意味があるのでしょうか?

それは将軍や武将が行っていた風習が元になって、飾られるようになったそうです。

兜や鎧は命を守る象徴として、男の子が生まれるとその子に身の危険が及ばないようにと兜や鎧を飾ります。

五月人形を飾るご家庭もあると思いますが、これは、人形のような人物に成長してほしいという願いが込められているそうです。

兜や鎧といったものは、健やかな成長を願ってのものなのですね。

柏餅

端午の節句では、どうして柏餅を食べるのでしょうか?

柏餅に使われている柏は、神が宿る木として信じられています。

また、柏の木には新芽が出ず、古い葉が落ちることがないということから、子孫繁栄を象徴する縁起の良い木とされてきました。

こうした理由から端午の節句で柏餅を食べるようになったと言われています。

関東の方では、柏餅が主流で、関西の方ではちまきが主流のようです。

虎(張り子の虎)

虎(張り子の虎)は、首が動くおもちゃのようなもののことをいいます。

端午の節句は、中国から伝わってきました。

その中国で虎というのは神のように崇める文化があり、虎には、魔除け、厄除け、守り神と日本でも信じられています。

それで、端午の節句で虎を飾る風習が残っているのです。

関西の方で虎(張り子の虎)は、よく飾られているのですが、理由として考えられるのは、現在の日本の首都は東京都ですが、端午の節句が伝わった頃の日本の首都は奈良県の平城京にありました。

こうしたことから関西圏を中心に中国から伝わった情報が広がっていったと考えられているそうです。

虎を飾る意味は、『無病息災』、『子どもの成長』、『厄除け、魔除け』です。

まとめ・感想

  • 端午の節句の意味や由来は?鯉のぼり、兜、柏餅、虎の意味を紹介しました。どれも子どもの成長を願う親の心が反映された意味でしたね。時代は変わっても子を思う親の気持ちというのは変わらないのだなと思いましたね。子どもが無事に育つというのは、昔も今も大変ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。