急性胃腸炎の症状はストレスが原因!?関係性と潜伏期間は?

Pocket

急性胃腸炎の症状はストレスが原因!?関係性と潜伏期間はどのくらい?急性胃腸炎になると嘔吐と下痢でお腹の中が大変なことになってしまいます。急性と感染性と2種類あるようで原因がはっきりとしている場合は感染性となります。胃腸炎になると水分の補給をしないと脱水症状になりますので、こまめに水分を取りましょう。

スポンサーリンク

急性胃腸炎の症状はストレスが原因!?関係性と潜伏期間について、急性胃腸炎とは、嘔吐や下痢といった症状が急に発症してしまうことを言います。

急性胃腸炎と感染性胃腸炎があり、原因がはっきりとしている場合は、感染性胃腸炎と診断され、原因が不明の場合は、急性胃腸炎と診断されます。

原因不明の場合と言われてしまうとどうしたらいいか分からないですね。

何か予防する方法はないのでしょうか?

実は予防する方法というのは、日頃から気を使っていれば”あること”が原因で急性胃腸炎が起こっていたかもしれないのです。

急性胃腸炎とはどんな病気になるのでしょうか?詳しく調べてみました。

急性胃腸炎の原因は?

急性胃腸炎の原因には、ストレスが原因であるというケースが多いです。

理由としては、人間はストレスをうけると脳が刺激され、その受けた刺激が自律神経にいき、胃腸の動きを活発にしますが、このときに、胃が必要上に胃酸を出すと胃の粘膜が荒れてしまい、アルコールや食べ物を食べたときに、荒れた胃の粘膜が破壊され胃腸炎を引き込してしまいます。

ストレスによる効果はこれだけではなく、体の免疫力を低下させるものも胃腸炎になりやすいです。

ウィルスが体内に入った場合は、体外から排出されれば胃腸の調子は戻ってきますが、ストレスが原因の急性胃腸炎の場合はストレスがなくなってこないと、症状は改善されません。

急性胃腸炎の症状は?

急性胃腸炎の症状は、激しい下痢、嘔吐、発熱、体がだるいなどがあります。

症状だけを見ると風邪の症状と似ているように見えますが、下痢や嘔吐は風のレベルを遥かに超えています。

風邪の時は、下痢と表現されますが、急性胃腸炎の場合は激しい下痢というくらいですから、かなり激しいです。

嘔吐や下痢の症状のときに注意しなければいけないのが、脱水症状です。

小さなお子さんが急性胃腸炎になったときは、脱水症状にならないように注意深く観察することが必要になってきます。

唇がカサカサと乾燥していないか、長い間、おしっこをしていないかということで脱水症状を見て下さい。

スポンサーリンク

脱水症状がひどくなってくると心臓や肺などの内臓を保護しようとする機能が働きだし、ショック状態という状態になります。

このショック状態が長く続くのは大変危険なので、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

急性胃腸炎の潜伏期間は?

急性胃腸炎の潜伏期間についてですが、ウィルス性であればウィルスによって潜伏期間が変わってきます。

  • ノロウィルス・・・1~2日
  • ロタウィルス・・・1~3日
  • アデノウィルス・・・7~8日
  • 腸炎ビブリオ・・・6~12時間
  • サルモネラ・・・1~3日
  • カンピロバクター・・・2~11日

ウィルスや細菌によって潜伏期間が違います。

急性胃腸炎のときの治療法は?

急性胃腸炎の治療法は、ウィルスによる場合は、体外に出すことが一番回復が早いようです。

体外に出すことが早いので、嘔吐や下痢を止める薬を飲むことは、医師の診断をもとに判断するようにしてくださいね。

出すことを優先させますので、とにかく脱水症状を防ぐために水分補給をこまめにしましょう。

飲むのは、スポーツドリンクではなく、経口補水液を飲むといいそうです。

飲むのも無理という方には、病院で点滴をしてもらうことをおすすめします。

急性胃腸炎の予防法は?

急性胃腸炎の予防法ですが、細菌やウィルスによるものを防ぐ時は、夏場の生ものはできるだけ食べないようにしたり、冬場はできるだけ人が多くいるところへ外出するのは控え、外出時はマスクを着用し、帰宅したら手洗いうがいをすることです。

もし、家族がかかってしまった時は、嘔吐物や便の処理にはゴム手袋やマスクを着用してガッチリとガードします。

一番、やっておかないといけないことが、ストレス解消です。

日頃から気を使ってストレス解消をしておくことが、急性胃腸炎を予防することにもつながりますのでストレスは溜めないようにしましょう。

ストレス

まとめ・感想

  • 急性胃腸炎の症状はストレスが原因!?関係性と潜伏期間について調査してみました。急性胃腸炎で食事を摂ることが出来ない場合は、無理して食べずに調子が戻ってきたときに徐々に胃腸に食べ物を送るようにしていきましょう。必要であれば医師の診断を受けてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。