傘寿の読み方や色、何歳なのか、お祝いの仕方を紹介します。

傘寿の読み方や色、何歳なのか、お祝いの仕方を紹介します。還暦は、赤い色で帽子とちゃんちゃんこってご存じの方も多いと思いますが、傘寿の読み方や色ってご存じですか?何歳で祝ったらいいのか、お祝いの仕方ってあまり知られていないですよね。今回は、傘寿について色々と調べてみましたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

傘寿の読み方や色、何歳なのか、お祝いの仕方を紹介します。

傘寿

還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・紀寿(百寿)とありますが、今回はその中の傘寿についてです。こうしてみますとたくさんありますね。日本は、世界から見て長寿国ということで、こうしたお祝いが多いのではないかと思います。長生きできておめでたいことなので、ぜひ、おじいちゃん、おばあちゃんを祝ってあげてほしいと思います。

老眼に効果のあるサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番!。その理由を本音で語ったのが、以下の記事 ⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

傘寿とは?

傘寿というのは、読み方は”さんじゅ”と読みます。

傘という字の略が縦書きで、八十に見えるということから、80歳を迎える年にお祝いをするのが傘寿だそうです。

昔から還暦祝いのように長く生きることを祝うという習慣があり、還暦、古希、喜寿などがありますが、最近、思うのですが、一昔前の還暦の60歳というともう少しおじいさん、おばあさんの感じがあったのですが、今の60歳って、とっても元気じゃありませんか?

お祝いしても『元気だな~』と思うことがよくあります。

おすすめ記事:ガングリオンとは何ですか?症状や原因を教えます。

傘寿の由来や年齢とは?

傘寿の年齢は、数え年で80歳を迎える年に行うことになっているようですね。

数え年というのは、生まれた年を1歳として数えるので、現在の満年齢からすると1歳時には、2歳ということになります。

スポンサーリンク

例えば、2000年3月に生まれて、2001年1月1日の時点では、2歳ということになります。

この数え年から80歳というと満年齢では79歳ということになります。

誕生日に祝う必要が無いということなので、ちょっとびっくりです。

その年の間に傘寿の祝をすればよいそうです。

傘寿の由来ですが、諸説ありますが、傘という字が略で八十に見えるという説、傘が広がるところから末広がり説とありますが、個人的には、傘という字が略で八十に見える説ではないかと思っております。

おすすめ記事:血圧が高い!血圧を下げるためにおすすめの食べ物を紹介!

傘寿のお祝いの仕方と傘寿の色は?

傘寿のお祝いの仕方ですが、還暦は、赤いちゃんちゃんこや赤い座布団を準備すると思います。

では、傘寿はどうしたらよいのでしょうか?

傘寿では、紫色もしくは黄(金茶)色のちゃんちゃんこと座布団をご用意するようですよ。

黄(金茶)色は、稲穂の色ということからで、東北地方などのお米の産地では、多いようです。米寿は、米という字があるので、盛大にされるそうですよ。

紫色は、長寿への敬意からと、昔から高貴な色ということだそうです。

おすすめ記事:糖尿病に予防効果のある食品や飲み物を紹介します!

 

老眼に効果のあるサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番!。その理由を本音で語ったのが、以下の記事 ⇒ 「えんきん」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 傘寿の読み方や色、何歳なのか、お祝いの仕方を紹介しました。古希・喜寿・傘寿では、色に関して、紫色、黃(金茶)色でよいということだそうです。世界でも上位の長寿国である日本ですが、80歳を無事に迎えることが出来る人が身近にいると家族一同、感慨深いと思いますね。傘寿のお祝いでプレゼントに多いのは、傘というのも傘寿という字からなのでしょうね。素敵な傘を贈ってあげて下さいね。

最期までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。