喜寿のお祝いの色と意味は?年齢と由来について紹介します!

喜寿のお祝いの色と意味や年齢、由来について紹介していきます。日本には、長寿を祝うという文化がありますが、喜寿は何歳にお祝いするかご存ですか?還暦は、赤い色なのは知っている方も多いと思いますが、喜寿は何色が良いのでしょうか?なかなか知らないですよね。こうしたことを知っていると後々便利かもしれませんよ。

スポンサーリンク

喜寿のお祝いの色、喜寿の意味、お祝いの年齢や由来について紹介します。

傘寿

還暦というのは、よく聞くと思いますが、喜寿について知っているという方は、恐らく少ないのではないでしょうか。

喜寿のお祝いにはどんなプレゼントを準備してどうお祝いすればいいのでしょうか?

喜寿についてしっかりと知ることで、お祝いの気持ちも変わって、真に喜寿を祝うことが出来ると思います。

喜寿のお祝いの意味とは?

喜寿のお祝いの意味とは、そもそも還暦や古希といった長寿を祝うというのは、中国から伝わったとされています。

還暦というのは、十二支と十千(じっかん)の組み合わせで60通りあるため、60年で一巡することから、60歳で赤ちゃんに戻る、還るという意味があります。

だから、赤いちゃんちゃんこを着るのです。

古希というのは、70歳まで長生きするのは稀だという曲江の詩から派生した言葉と言われています。

こうした流れから、喜寿というのは中国ではなく日本から始まった行事なのです。

還暦、古希と祝うようになり、喜の草書体が”㐂”ということから、七十七と読んで、77歳になる年に長寿のお祝いをすることにしたのだそうです。

おすすめ記事:傘寿の読み方や色、何歳なのか、お祝いの仕方を紹介します。

スポンサーリンク

喜寿の由来、お祝いの年齢とは?

喜寿のお祝いは、数え年で77歳ですので、数え年では生まれた時に1歳とするので、満年齢とは変わってきます。

数え年は、生まれた時に1歳で、元日が来るたびに1歳年を取るので、いつ生まれても元日基準で年齢が増えていきます。

満年齢は、生まれた歳を0歳として、以降、誕生日の前日から1歳年を取るというのが、満年齢です。

数え年で77歳というのは、満年齢では76歳になります。

おすすめ記事:エアコンを自分で掃除をする方法は?カビを除去するには・・・

喜寿のお祝いの色は?

喜寿のお祝いの色は、紫色と言われています。

77歳になると喜寿なのですが、日本の平均年齢を見てみると男性は79歳、女性は85歳ということで、平均年齢で喜寿を超えているので、日本の多くの方は喜寿のお祝いをすると思います。

それでは、プレゼントには何がいいのでしょうか?

77歳にもなるとモノよりもご家族みんなで食事をするというのがいいと思います。

集まって賑やかに食事をすることが、本人にとって嬉しいですからね。

おすすめ記事: 老眼はレーシックで治るのか?費用・口コミを紹介!老眼とは?

まとめ・感想

  • 喜寿のお祝いの色、喜寿の意味、お祝いの年齢や由来について紹介しました。喜寿以外にも還暦、傘寿、卒寿、白寿、百寿、米寿とあります。これらもしっかりと知ることで、お祝いをしてあげましょう。日本の平均寿命は伸びていくと思いますので、お祝いの機会は増えるでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。