目の疲れを取る方法、眼精疲労の治し方と対処法を紹介!

Pocket

目の疲れを取る方法、眼精疲労の治し方と対処法を紹介します。スマホが普及したことで多くの方が目の疲れを訴えていると思います。目の疲れが酷くなると眼精疲労になり、眼精疲労になると頭痛や肩こり、吐き気といった症状を伴うことが多いので、発症するととても大変です。眼精疲労の対処法を知って目を守りましょう。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

目の疲れを取る方法、眼精疲労の治し方と対処法の紹介です。

スマートフォン(以下スマホ)が普及して、現代人は目から情報を得る機会が増え、それは目を疲れさせることになりました。

今までは、本や雑誌、テレビを長い時間、読んだり見たりしている方が多かったのですが、スマホだけでなく、パソコンも自宅や職場で1人に1台支給されることで、目が疲れやすくなっています。

こうしたことから、日頃目の疲れを取るようにすることだけでなく、眼精疲労の原因や対処法を知っておくと事前に予防することにも役立ちます。

それでは、眼精疲労について詳しく調べてみました。

眼精疲労とは?

眼精疲労というのは、目の疲れがひどくなった状態のことをいいます。

目の疲れがひどくなった状態というのがどういう状態なのか?

もう少し具体的に言いますと、『目で物を見ているだけで、目に疲れや痛みを感じる症状のこと』です。

眼精疲労というのは、疲れ目よりも重症で、休息や睡眠をとっても目の疲れや痛みが回復せず、さらに目以外のところにも痛みなどの症状が現れる状態を言います。

最近は、パソコンやスマートフォンによる情報収集が日常化しておりますので、目が疲れやすいと言えます。

それにコミュニケーションツールのFacebookTwitterLINEとSNSの発達でさらに操作する時間が増加していますので、眼精疲労で悩む方は増加傾向にあるでしょう。

眼精疲労の症状とは?

眼精疲労の症状としては、目に直接現れる症状、目以外の症状、その他の症状とあります。

目に現れる症状

  • 目がかすむ
  • まぶたが痙攣する
  • 目が充血する
  • 目がかゆい
  • 目がショボショボする
  • 目が乾く
  • 目が痛い
  • 目の奥がズキズキする
  • 視線を移すとピントが合わない、合いにくい
  • 眩しくない照明を眩しいと感じる

目以外の症状

  • 頭痛・偏頭痛
  • 首、肩、背中に痛みを感じる
  • めまい
  • 吐き気
  • 胃のあたりが重くて食欲が出ない

その他の症状

  • 寝れない、寝付けない、不眠
  • 疲れが取れない、いつも疲れている
  • 不安、抑うつ状態になる
  • イライラする

眼精疲労の原因は?

眼精疲労の原因としては、目の使いすぎ目の病気目以外の病気ストレス生活習慣の乱れが考えられています。

それぞれ説明していきます。

目の使いすぎ

最近、眼精疲労で増加傾向にあるのがこの目の使いすぎによる眼精疲労です。

職場で仕事としてパソコンやスマホを使用して、帰宅してから自宅で自分のパソコンを使用して、1日中画面を見て作業されている方も多いでしょう。

こうした状況から眼精疲労になるのは、VDT症候群とも呼ばれています。

VDT症候群とは、パソコンやスマホなどのコンピュータや液晶画面を『Visual Display Terminal』と呼ばれており、略してVDTとなります。

目の疲れや痛み、目の病気を引き起こす原因と言われています。

目の病気

白内障や緑内障、ドライアイ、アレルギー性結膜炎といった目の病気がある場合は、目に負荷がかかるので眼精疲労の症状が現れる場合があります。

病気ではなくても、近視や乱視といった屈折異常、度の合っていないコンタクトレンズを使用しているときなども眼精疲労の原因となるので注意しましょう。

スポンサーリンク

目以外の病気

目以外の病気とは、高血圧や糖尿病、更年期障害、虫歯、風邪、インフルエンザと言った病気が原因で眼精疲労になる場合があります。

ストレス

ストレスというのは、過剰にかかると自律神経失調症や精神疾患を患うことがあります。

こうしたことが原因で眼精疲労になるというケースは考えられます。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れることで眼精疲労になることもあります。

例えば、睡眠時間が短い、コンビニやインスタント食品で食事を済ませるといったことを行っていると、毎日の疲れが取れないということから眼精疲労になることが考えられますので、十分睡眠をとる、栄養バランスが取れた食事を心がけることが大切です。

眼精疲労の解消法や対処法

眼精疲労の解消法や対処法についてですが、眼精疲労にならないように目の疲れを溜めないようにすることが大切です。

  • パソコンやスマホの画面を1時間見たら10分は休憩を取りましょう。
  • 睡眠時間はしっかりと取りましょう。
  • 目の周りを温めて血行を良くしてコリを取りましょう。
  • 目薬をこまめにさして目の症状を抑えましょう。

眼精疲労の頭痛の特徴と対処法

眼精疲労が原因の頭痛の特徴とその対処法ですが、頭痛には2種類あります。

緊張型頭痛偏頭痛があり、緊張型頭痛は、身体、精神のストレスが重なって起きる頭痛で、慢性化する恐れのある頭痛です。

この緊張型頭痛を起こさないようにするためには、パソコンやスマホの使用しているときの姿勢や本を読む体勢に気をつけ、適度に休憩を入れることが大切です。

もう一つの偏頭痛は、片方のこめかみ、もしくは両方がズキンズキンと脈を打ったように痛むのが特徴です。

一度痛みだすと痛みが止むまで長く、痛みがピークに達してしまうと嘔吐してしまうこともあり、仕事や家事を行うことが困難になります。

偏頭痛のときは、速やかに体を横にして痛みが生じる部分を冷やし、血管を収縮させて痛みを和らげて休むようにしましょう。

眼精疲労の肩こりの特徴

眼精疲労による肩こりの特徴は、目の周りの筋肉の疲労から首、肩に伝わり、肩周辺の筋肉の収縮から肩こりが悪化していくことです。

この眼精疲労の肩こりを放置しておくと肩から腕にしびれが起こる可能性があります。

それに眼精疲労の肩こりが慢性的になるとストレスからさらに肩周辺の筋肉の収縮につながって症状が悪化してしまいます。

こうしたことから眼精疲労の肩こりは起こさないように注意しなければいけません。

眼精疲労の吐き気の特徴

眼精疲労からの吐き気の特徴は、主にストレスが原因だと言われています。

ストレスは、自律神経が乱れる事になりますので、胃腸の機能が低下してしまい、嘔吐をしやすくしてしまいます。

そのため、眼精疲労による吐き気を抑えるためには、ストレスをできるだけ感じないようにすることが大切です。

ここでのストレスというのは、目のことだけでなく人間関係や職場といった精神的なもののことを言っています。

ストレスは定期的に発散させるようにし、毎日規則正しく生活するようにしましょう。

眼精疲労の事前予防する対処法

眼精疲労を未然に防ぐための対処法ですが、方法には次のものがあります。

  • まばたきをして筋肉を緊張から和らげる
  • ストレスを溜めない
  • 適度な運動を行う
  • ガムを噛む
  • ビタミンAやビタミンB1を取って目の粘膜を保護する

まとめ・感想

  • 目の疲れを取る方法、眼精疲労の治し方と対処法を紹介しました。目が疲れるのは、現代であれば仕方がないことかもしれません。しかし、そのまま放っておくと眼精疲労になって別の病気を誘発することにもなりかねないので、目が疲れないように規則正しい生活とこまめな休憩を取るようにして目が疲れないように気をつけていきましょう。もし、目がいたいと感じるのであれば、眼科医へ見てもらって検査してもらうようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。