高齢者の高血圧の症状とは?その原因と対策・改善方法とは?

Pocket

高齢者の高血圧の症状と、その原因と対策・改善方法についてです。年齢を重ねると血圧もだんだん高くなっているそうです。血圧が上がるとどういう症状があるのでしょうか?血圧が上がる原因が分かれば、血圧を下げる対策や生活を改善する方法がわかりますよね。高血圧で血圧を下げたいという方に役立つ情報を提供します。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

高齢者の高血圧の症状と原因と対策・改善方法についてご紹介します。

人は誰でも歳を取りますが、気をつけていないと血圧も比例して上がっていくようです。

自分は高齢者だからといって、血圧が高いことを諦めていませんか?

諦めずに血圧を下げて、毎日元気に過ごしていきましょう。

高齢者に多い高血圧の症状

高齢者に多い高血圧は、収縮期高血圧と呼ばれます。

血圧というのは、血管内の圧力のことを言うのはご存知かと思いますが、通常は動脈圧のことを言い、血圧は心臓が収縮、つまり、しぼんだ状態に一番高くなります。

この時を上の血圧といい、収縮期血圧とも呼びます。

そして、心臓が拡張、つまり、大きく膨らんだ状態に一番低くなります。

この時を下の血圧といい、拡張期血圧とも呼びます。

このことから収縮期高血圧というのは、下の血圧は正常だけれども上の血圧が高いという状態のことを言っています。

高齢者にはこの収縮期高血圧が多く、高齢者の3分の2くらいが高血圧と言われております。

高血圧の症状は、急激な血圧の上昇が起こった場合、頭痛ふらつき動悸といった症状があります。

これらの症状は、多くは自覚がないため自分で気がつくことがほとんどないと言われています。

しかし、自覚症状がないからと言って、心臓や血管に悪影響を及ぼさないということはありませんので、血圧の測定を毎日行うことで降圧治療をすることが大切です。

高齢者の高血圧の原因

高齢者が高血圧になる原因について、高齢者になると老化によって血管の弾力性が段々なくなっていき、血流が悪くなってしまいます。

他にも自律神経の働きが低下して、血管の収縮や拡張がうまくできなくなることも原因の一つと考えられています。

血圧が高いので、脳を流れる血液の量が減少しやすいというのも高齢者の特徴の一つにあります。

脳への血液の量というのは血圧の影響を受けないのですが、高齢者になると一定量の血液を脳に送る機能も低下してしまうため、脳に血液を送るために高い血圧が必要になってしまいます。

しかし、薬で血圧を下げてしまうと脳への血液の量が減ってしまい、結果、めまいや立ちくらみ、だるさ、脳梗塞を引き起こす可能性があります。

もし、こうした症状を本人ではなく、周りの家族で気がついたら医師に相談するようにしましょう。

高齢者の高血圧の対策・改善方法

高齢者の高血圧の対策・改善方法ですが、収縮期高血圧とは、数値でいうとどのくらいのことかというと上の血圧が140mmHg以上とされており、この血圧を超えている高齢者の場合は、下の血圧が正常であっても収縮期高血圧と診断せれて、治療を受けることになります。

収縮期高血圧を放っておくと脳血管障害、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、認知機能障害、心不全、狭心症、腎不全と併発してしまい、様々な臓器に影響を及ぼします

スポンサーリンク

こうした病気の発症リスクが高血圧にはあり、対処しなければ病気の発症リスクを高めることになってしまいます。

高血圧の改善方法

まずは生活習慣の改善から高血圧治療の基本的な方法となります

  • 食塩は1日6g未満
  • 野菜くだものを食べる
  • 適正な体重の維持有酸素運動
  • アルコールの制限
  • 禁煙

上記のようなことを守って生活習慣の改善を行って、ストレスのできるだけ少ない生活をおくるようにしましょう。

しかし、血圧が高い方の中に生活習慣の改善のみの治療には限界があるので、血圧を下げる薬を使用した治療を受ける人が多くいます。

患者に合わせて処方される降圧薬には種類があり、副作用が怖いという方もいるかもしれませんが、高血圧の薬は、他の薬に比べて副作用が服ない薬です。

それに降圧薬を使用して治療した人は、脳卒中、心臓病の死亡率が低いということも分かってきました。

降圧薬による治療のメリットですね。

血圧が高いことに気がついたら、速やかに内科を受診するようにしましょう。

日常生活で気をつけること

高血圧というだけでなく、高齢者で日常生活で気をつけることを紹介します。

寒い時期、冬の入浴やトイレに気をつける

ヒートショックという言葉をご存知という方もいると思いますが、いきなり熱いお湯に入ったときに血管が収縮して血圧が上昇することがあります。

体が温まると今度は血圧が下がります。

このようにいきなり血圧が変化すると血管や心臓に負担をかけることになりますので、寒い場所はあらかじめ温めておいたり、浴槽に入る前にはかけ湯をして体をならすといったことを注意しておきましょう。

脱水症状に気をつける

なぜ、脱水症状に気をつけるのかというと、高齢者になると喉が渇いたことにも気づきにくくなります。

暑い日や夏などの汗をかく時期や冬のエアコンの暖房で空気が乾燥した部屋にいると水分が不足した状態になりやすいです。

睡眠中も少しずつ水分が抜けていきますので、寝る前や朝起きたときにコップ一杯の水分を摂るようにしましょう

慌てて行動せずにゆっくりとストレスを避ける

高血圧の高齢者には、慌てて行動する、急激な動きも気をつけなければいけません。

特に血圧が上昇してくる朝のときに、ゆっくりと行動することは、いいことです。

ストレスも血圧を上昇させる要因で、怒ったり、イライラすると血圧が急上昇して、脳卒中といった病気の原因になります。

毎日を平穏に過ごすことでストレスを溜めないように心がけましょう

血圧サプリメントはいろいろと試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「わかめペプチド粒タイプ」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 高齢者の高血圧の症状と、その原因と対策・改善方法についてご紹介しました。血圧が高くなると病気の併発にもつながってしまうので、血圧を下げるようにしましょう。ストレスも高血圧の原因にもなりますので、ストレス社会ですが、気をつけて生活をおくるようにしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。