中性脂肪を下げる、減らす食材とは?お茶・野菜・料理を紹介!

Pocket

中性脂肪を下げる、減らす食材とは?お茶・野菜・料理を紹介します。健康を維持のために色んな体の数値を正常の範囲内にしなければいけませんよね。その中でも今回は中性脂肪に関して、この数値が高い方にどうしたら下げられるのか?できればお茶や野菜などの食材を料理することで摂取して中性脂肪を下げたいですよね。

スポンサーリンク

クリックして頂けると大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

クリックありがとうございます。m(_ _)m

中性脂肪に関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

中性脂肪の値が高い方に値を下げる、減らす食材について、お茶や野菜、料理を紹介していきます。

中性脂肪を下げる効果のあるお茶はどのようなものがあるのか?

中性脂肪を下げる効果のある野菜はどのようなものがあるのか?

そして、これらの食材を料理して効果的な中性脂肪を下げる食事の内容と摂り方とは?

これらを調べてみました。

中性脂肪を下げるお茶とは?

中性脂肪を下げてくれるお茶は、いくつか種類があり、お茶によって成分が違っているので、当然に期待できる効果も変わってきます。

それでは、中性脂肪を下げると言われているお茶と配合されている成分の紹介をしていきます。

ウーロン茶

ウーロン茶は、飲み屋でも注文できる日本では一般的なお茶ですが、ウーロン茶にはウーロン茶ポリフェノールが含まれており、この成分が脂肪を分解してくれて、体内に吸収と蓄積を抑えてくれる働きをしてくれます。

ギャバ茶

ギャバ茶をご存じですか?ギャバ茶というのは、ギャバという植物にあるアミノ酸の一種です。ギャバ茶には、中性脂肪コレステロールなどの増加を抑制する効果が期待できるので、通称メタボメタボリックシンドローム)の改善に効果があると言われています。

杜仲茶(とちゅうちゃ)

杜仲茶とは、中国の四川原産の健康茶になります。杜仲茶に含まれるゲニポシド酸血中脂質を下げてくれ、内臓脂肪の蓄積抑制してくれる効果が期待できるので、メタボ改善に効果があるとされています。

プーアール茶

プーアール茶は、中国代表的なお茶になります。プーアール茶には、発酵成分脂肪分解酵素の分泌促進してくれて、脂肪の分解助けてくれると言われています。さらに脂肪の吸収抑えてくれるという嬉しい効果もあります。

ルイボス茶

ルイボス茶というのは、原産国では『魅惑の健康茶』と呼ばれるそうで、マメ科針葉樹から抽出されたお茶になります。抗酸化力高く血中の活性酸素除去してくれて、中性脂肪の増加防ぐ効果が期待できます。

トクホのお茶で中性脂肪は本当に下がる?

トクホ』というのは、特定保健用食品のことをいうのはご存知ですよね。特定保健用食品として認められるには、有効性安全性などに関する審査を受けて合格しなければトクホとして売ることは出来ません。

トクホにも最近は色々な商品が販売されていますが、商品によって成分や効果は様々で、主にはお茶のトクホで、カテキン作用の有効性を訴えるもの、ウーロン茶ポリフェノール作用の有効性を訴えるもの、ゴマペプチド作用の有効性を訴えるもの等があります。

スポンサーリンク

どれを選んで飲むのかは個人の自由になります。

効果・味・含有成分と自分の好みのものを選ばれると思います。

トクホというのは、トクホとして認められたもの以外のものよりも健康の効果があると国に認められているのですが、効果としては健康をサポートする程度で、薬のように劇的な効果があるわけではありません。

毎日飲むから効果を持続することができるというものなので、過度に期待するのは禁物です。

お気をつけ下さい。

中性脂肪を下げる野菜とは?

中性脂肪を下げる野菜というのは、中性脂肪に対して効果の高い野菜のことになりますが、脂質異常症の改善にも有効だということで、中性脂肪を下げるにはどんな野菜があるのでしょうね。

トマト

トマトには、13-oxo-ODA13-オキソ-オクタデカジエン酸)と呼ばれる成分が入っているということで、この成分は、最近見つかった成分です。この成分が中性脂肪を減少させるという発表があって一時期話題になりました。

玉ねぎ

玉ねぎは、抗酸化作用強いということでよく知られている野菜になります。玉ねぎのケセルチンという成分が強い抗酸化作用のある成分になります。ケセルチンというのは、ポリフェノールの一種でこのケセルチンをラットを使用した実験で中性脂肪を抑制する効果が確認されたと発表がありました。

大豆

大豆そもそもには、凄い効果があるとはいえないのですが、大豆から作ることができる納豆には凄い効果があります。納豆にだけある酵素ナットウキナーゼというのが、血栓分解を促進させるという効果があります。大豆には、肉類と同等のアミノ酸が含まれており、畑の肉の名にふさわしいですね。こうしたことから大豆を使って、代替食品生活をおくると肉よりも脂質を取りすぎることなく中性脂肪を抑える効果が期待できます。

中性脂肪を下げる食事とは?

中性脂肪を下げる食事とは、食物繊維唐辛子ウーロン茶青魚大豆ジアシルグリセロールを含む調理油を使用した食事を摂ることが効果的です。

糖質と脂質の多い食事は注意が必要

いくら中性脂肪を下げる効果のある食材を使用して食事をしていても、中性脂肪を上げる効果のあるものを下げるものよりも多く食べていたら意味がないですよね。

中性脂肪を下げるためには、下げる食材を食べて、中性脂肪を上げてしまう糖質や脂質を抑えることが重要となります。

食事をするときは腹八分目を心掛ける

中性脂肪を下げる食事をしていても、食べ過ぎていたら下げる食事の努力は努力になりません。いくら美味しいくてもお腹いっぱいまで食べずに、腹八分目までに留めるようにしましょう。

中性脂肪に関するサプリメントは色々と試してみましたが、これが一番でした。その理由を本音で語ったのが、以下の記事⇒ 「イマークS」の効果を実感した意外な理由とは

まとめ・感想

  • 中性脂肪を下げる、減らす食材とは?お茶・野菜・料理を紹介しました。中性脂肪を下げるということであれば、空腹を感じている時、中性脂肪が分解されているときなので、食事をするのは、『お腹が最低でも30分以上経過してから』食事を摂るようにしましょう。あと、テレビを見ながらお菓子を食べるというのは、惰性で食べてしまうので食事や間食はしっかりと時間を決めて食べるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

最初に押した方は押さなくていいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。